「傷つくのが怖い」女性不信の男を好きになった時の心がけ3つ

女性だけでなく、男性だって「できることなら恋愛で傷つきたくない」はず。過去に辛い恋愛をして、女性を信じられなくなってしまっている男性を好きになったとき、あなたならどうしますか? 今回は、アメリカ・欧州・香港に計7年以上居住し、様々な国の辛い恋愛事情を経験・目撃してきた筆者が、“女性不信の男を好きになったときの心がけ”3つをご紹介します。

1:自分からリードする

傷ついた過去に囚われている男性は、自分から女性に心を開いて関係をリードすることができないことが多くあります。

そんな彼と出会ったときは、こちらから二人の関係をリードしてみましょう。

彼だって「好きな相手のことをもっと知りたい」と願っているはず。多少彼の気持ちが追いついていないように見えても、あなたから愛を伝え続ければ、きっと彼の内面にも変化が生まれるはずです。

ポイント:彼に振り回されない

心を開くのが苦手な男性は、急にあなたの内面に踏み込んできたり、昨日までとってもラブラブだったのに突然心を閉ざしてしまったりと、「なかなかあなたへの態度が安定しない」というケースがよくあります。

筆者の友人男性の中にも、「自分が傷つくのが怖い」という潜在的な理由で、女性を知らぬ間に振り回してしまっている輩が多く存在します。

でもその変化にいちいち振り回され過ぎないで! 彼は、あなたの中に「確固たる自分への想いがある」と確信したいだけなのです。

少し臆病で頼りなく見える彼ですが、なかなか心を開いてくれない分、開いてくれた後の関係は、とても強固なものになるはずです。

lead

 

2:焦らず、でも諦めない

なかなか心を開かない男性は、女性側の気持ちを少しずつ探っているような態度を見せることがあります。これは残念ですが、まだ彼があなたを完全に信頼していない証拠。

そんなときは焦らず、でも断固として「諦めません!」という態度を貫きましょう。

本当は彼だってもっと愛したいのです。安心してオープンになれる環境を用意してあげることが大切です。

ポイント:“北風”ではなく“太陽”になろう

なかなか関係が進展しないとつい焦ってしまいがちですが、この手の男性に”嫉妬をさせる”などの荒治療は逆効果です。

たとえLINEの返信が遅かったり少なかったりしても、自分から「おはよう!今日も仕事頑張ってね。」と継続して声をかけ続けることが、信頼につながります。

イソップ物語の“北風と太陽”を思い出しましょう。北風のように無理をして彼のジャケットを脱がせようとするのではなく、太陽になって彼を暖めてあげるのです。

やがて彼は、自ら心地よくジャケットを脱いでくれることでしょう。

special

 

3:お互いが求めるものを明確にする

あなたが彼に求めるもの、彼があなたに求めるものを言葉にして明確にしましょう。

たとえばあなたが、「お互いに信頼し合いながら、自由な関係を築きたい」と彼に伝えたとします。

はじめのうちは、彼があなたに気持ちを伝えきれなくても、あなたがこのような態度をもって接し続ければ、彼も少しずつ言葉にしてくれるはずです。

言葉で未来を共有する

言葉にし合うことで、“二人が向かう先”を明確にすることができます。

筆者の知人Aさんの彼はとってもナルシストで女性を大切にしないタイプの男性でした。でも実は、普段はオレオレな彼でも、根はとっても繊細で傷つくのが怖い人だということをAさんは知っていました。

そんな彼と、強力な信頼関係を築くため、Aさんは日頃から

「私はあなたを信じているから何を言われても一緒にいる」

と伝え続けました。はじめはAさんに対し「いつ別れてもいい」なんて言い放っていた彼も、最後はAさんにプロポーズするまでに至りました。

たとえ今すぐに思い描いた二人の姿を実現できなくて良いのです。二人が欲しいものを共有できたとき、もうすでに彼の心は少しずつ開かれているのです。

 

いかがでしたか?

愛に傷つきたくないのは男も女も同じです。広い心を持って彼を包み込んであげてくださいね。