コレは痛すぎるッ!男ウケ最悪な「キモいインスタ写真」3パターン

先日、筆者は男子たちとの会話で「インスタに、痛い写真を載せている女はキモい」という話題になりました。Instagramは写真がメインのSNSだけに、構図や内容によってイメージダウンしやすい面もありますよね。投稿のせいで好感度が下がるなんて残念。恋愛ライターの筆者が、男ウケ最悪なNGインスタ写真の特徴を3つご紹介します。

NG1:男友達が混ざっている写真が多い

インスタは、これまでに投稿した写真が一覧で表示されますよね。

なので、気になる女子のアカウントを覗いて、一気に見ようとする男子もいます。

そんなときに、過去に投稿した写真が“男友達だらけ”だと、「なんだ。意外と遊び人なんだな」なんて思われてしまうことも……。

筆者の知人男子は、「清楚っぽい子だったのに、投稿写真は男友達と飲んでる写真が多くて引いた」と語っていました。

清楚っぽいと思ったのは、男子の勝手なイメージですが、そういう雰囲気を出しておいて、「本当は男にモテるのよ」アピールをインスタでこっそりやっているところが、キモさを醸し出す要因かも。

飲み会の写真をその都度投稿するのは、思わぬリスクがありそうですよ。 

NG2:日記調のポエム×自撮り写真

キメ顔の自撮り写真とともに、その日の出来事をポエム調にして投稿している女子もいますよね。

しかし、男子からすると「ナニ気取りなのか、わかりにくい」と思ってしまう典型になっていることが!

筆者の友人男子は、「キャラ作りが必要な仕事だったり、文章を仕事にしていたりする女子ならわかるんだけど、一般女子がやってると引く」と語っていました。

セレブや有名人には、この手の投稿をしているオシャレなインスタも多いだけに、つい真似したくなる女子もいそうです。要注意ですね。 

NG3:チラ見せパーツの写真

美脚の持ち主だったりスタイルに自信がある女子の中には、インスタで自分の魅力を発信したくなる人もいますよね。

いかにものセクシーショットではなく、脚の一部を写した写真や水着を着て海外セレブのような構図にした自撮りを投稿している女子も少なくありません。

しかし、男ウケ目線で言うと、こちらもリスクが高い写真になっていたんです……!

筆者の知る男子からは、「いかにも自慢げでイヤ」「さぁ見て! という自意識過剰っぷりを感じる」と、軒並み不評でした。

なかには、「見たくもないものを見てしまった気分」なんていう人も。

男子って“見えそうで見えない”が好きとも聞きますが、「見えそうにもしないでくれ!」とキモがられている女子もいるのかも……。悲惨ですね。 

FacebookやTwitterなどの他のSNSに比べて、Instagramは写真が主役なだけに、「キモい」と思われたときのショックは大きいですよね……。上記を参考に、気をつけてみてください。