「俺…なんでこんなドキドキすんだろ?」と思わせる電撃セリフ3つ

みなさんは、男子をドキドキさせるセリフを言うことができますか? 「そういうキャラじゃないので……」と思わないでください。キャラがセリフをつくるのではなく、セリフがキャラをつくる! ということで、男子をドキドキさせまくる電撃のようなセリフを恋愛コラムニストの箱崎キョウコさんに教えていただきます。

1:「お願い。嫌いにならないで」

ーー今回は、「男子をドキドキさせるセリフ」がテーマです。わりと普通のテーマですが、最初のおすすめが「お願い。嫌いにならないで」。なかなか個性的ですね?

箱崎:これはグッとくる男子が多いと思いますよ。

ーーこのセリフにいたるまで、どんなシチュエーションだ?と考えてしまいますが。

箱崎:なんか、すごいダメなことをしちゃったみたいですよね。女子が。

ーーとんでもない衝撃告白のあとのセリフに思えます。どんなときに使ったらいいでしょうか?

箱崎:女子のほうは重くとらえているけど、男子は軽く許せるようなことがいいですよね。ガチでひどいことしたあとだと、結構きつい(笑)。

ーー「ごめん。今週の土曜行けなくなった」とか?

箱崎:それだと、ちょっと男子のほうに被害があるから、「なに!?」と思わせちゃいますよね。もっと言う側の個人的なことで、勝手に悩んでいる風がいいな。そのほうが、「そんなに俺に嫌われたくないのか……」と好印象だし。

ーー「昔、キャバで働いていたの……」。

箱崎:付き合っていないと、「俺には関係ねーし」って感じですよね。

ーー難しいなぁ。使いづらいじゃないですか(怒)。

箱崎:いきなり、「お願い。嫌いにならないで……」から入って、なにごとかと思わせておいて、「●●持ってくるの忘れちゃった!」とか。忘れられると本気で大変なものはダメですよ。会議の資料とかだと本当に怒られますよね。

ーーどんなモノだったらいいかな?

箱崎:前もって、「●●貸してあげるねっ」というシチュエーションをつくっておくといいですね。貸してあげるわけだから、忘れてもそんなに怒られないだろうし。

ーーそういう使い方で効果あるんですか? 仰々しいというか、オーバーな感じでも。

箱崎:軽くは効きますね。使いやすさで言えば、いいでしょう。

ーー重い感じだと?

箱崎:「彼氏とか、深く付き合った人に、なんか嫌われちゃうんだよね……」という流れから、「お願い。●●くんは嫌いにならないでね」は、結構効くと思います。

「むしろ好きだよ」が引き出しやすい

ーーこのセリフの良い点は?

箱崎:たいしたことはないことで、「嫌いにならないで」と言うことで、「嫌いになんかならないよ。むしろ好きだよ」が心の引き出しから、引き出しやすいところですね。

あと、「そんなに俺に嫌われるかどうかが、重要なことなんだ……」というのは、言われた男子はうれしいんじゃないでしょうか。 

2:「そんなこと、言っちゃイヤ」

ーー続いては、「そんなこと、言っちゃイヤ」。

箱崎:相手のセリフに、すごく動揺していることが伝わりますよね。そこがいいんですよ。どうでもいい人になにを言われても、どうでもいいでしょう?

ーーどうでもよくないってことを、暗にアピールしていると。

箱崎:言われたことに参っている。ということで弱々しいんだけど、「そういうこと言わないでね」と相手にお願いする一種のワガママさがありますね。男子は女子にお願いされると弱いでしょう?

ーー相手にもよりますけどね。

箱崎:「そんなこと、言っちゃイヤ」と相手のセリフへの動揺を伝えることで、「俺のこと気にしてんだな」といい気にさせています。そういう女子からのお願いには弱いはず。

ーー「そんなこと」の内容にもよるかなぁ?

箱崎:「俺、浮気しちゃうタイプかも」とか。恋愛系がとくに効果的ですね。

ーー確かに、なんで俺の恋愛について、そんなに気にするのかな?と思います。

箱崎:ドキドキさせてますよね。 

3:「こうして欲しいんでしょ?」

ーー最後は、「こうして欲しいんでしょ?」。これは打って変わってお姉さん的なセリフですね。

箱崎:前の2つは古臭いというか、昭和っぽいというか、古きよき女子的なイメージがありましたよね。最近、あまり使われないからこそ効きますよ……ということでご紹介したのですが。3つ目は時代に合わせて。

ーーお姉さん的なものが好まれる時代?

箱崎:やはり草食男子というか、「もっと女子に積極的に来てくれないと、僕は恋愛なんてできません!」というワガママ男子が増えているので。

ーーこのセリフは、どのように使ったらいいでしょうか?

箱崎:肩こってそうな男子がいたら、肩もみしてあげて、後ろからのぞきこむように「こうして欲しいんでしょ?」とか。

ーーそれは確かにドキドキしちゃいますね。

箱崎:真っ赤な顔してそうですよね。肩もまれて。かわいい。

ーーこういう草食男子っぽい人には、前の2つは効かないのですか?

箱崎:そんなことはないですよ。むしろ、前2つのような、「一歩引いてる感」がある女子セリフを使ってあげると、エラそうな積極的男子として、ちょっとずつ成長しますね。

ーーそれは成長というんですかね(笑)? 

男子をドキドキさせちゃうセリフを3つご紹介しました。シチュエーションを選ぶセリフが多かったですが、ここぞ!という場面で、ぜひ使ってみてくださいね。

  

【取材協力】

箱崎キョウコ・・・ライター兼スナックホステス。共立女子大学、短期大学部卒業。恋愛コラムニストとして書籍なども続々発売中。