失ってからじゃ遅い! 「実は彼に恋してた」と気付くべきサイン3つ

「●●くん、彼女できたんだって!」という話を聞いて、初めて胸の痛みに気付いたことはありませんか? この胸の痛みは、つまり後悔です。本当は彼に恋していたのに、男友達だから・顔がタイプじゃないから……なんて理由で自分の恋に気付けず非常に後悔している痛みです。こんな後悔はしないようハッキリ自分の恋心サインに気付きましょう!

1:ずっと一緒にいても居心地の良さを感じる

ずっと一緒にいても嫌気が差したり、疲れたりせずに居心地の良さを感じるのであれば、その彼に恋をしている証拠です。

いくら気の合う友達といっても、ずっと一緒にいると疲れを感じます。それは男友達だけじゃなく、女友達が相手だってそうですよね?

一緒にいても居心地が良くて、むしろもっとずっと一緒にいたいと感じるということは、けっして「コイツと私って超相性の良い友達なんだな」ということではなく、彼に安らぎを感じる恋心があるのだと思いましょう。 

2:集まりがある時に出欠が気になる

仲間同士の集まりがある時に、「彼は今日は参加するのかな」「あいつは今日は来るの?」と出欠が気になるのならば、それは恋しているサインです。

あなたが集まりの主催や幹事ならともかく、一人の参加者として特定の一人(彼)の出欠が気になるということは、それくらい彼の存在を日常的に意識しているということ。

さらに彼が欠席した時に、そこはかとなくガッカリしている自分がいるのならば、それはもう恋心確定ですよ。 

3:会話が自然と弾む

自然体で話せて、いつも会話が弾んだり気分が盛り上がったりする彼は、友情以上のものを感じられる相手です。

好きな人相手だと緊張するというイメージがあるかもしれませんが、よく結婚した夫婦の馴れ初めなんかを聞いていると、初対面の時から楽しく喋ったのがきっかけで~……なんてパターンがけっこうありますよね?

それと同じで、楽しく会話ができる彼というのは、実は友情を超えた相性がある可能性が高いわけです。

そういった会話(コミュニケーション)が上手く交わせる相手とは、結婚後も上手くいきやすい傾向にあるので、早めに恋心を自覚してアプローチしておいた方が良いかもしれませんよ。 

本当は恋愛対象として意識しているのに、「彼だから」というフィルターを外せずにいると、いつか他の女性に本命の座をゲットされてしまい、死ぬほど後悔することになりかねません。

変に男友達だとか顔がタイプじゃないだとか考えて「彼が恋愛対象なわけがない」と決めつけず、今回の記事内容に当てはまるようなら「もしかして彼のこと好きかも?」と考えてみてください。

もしかしたらそこに、あなたが待ち望む最高の恋愛があるかもしれませんよ?

  

【参考】

顔はタイプじゃないのにー…!衝撃「実はカレに恋してるサイン」3つ – Dangdep!

LINEでスグわかる!実はもう「彼に恋しちゃってた」サイン5つ – Dangdep!