また始まった…!本人は自覚無し「不幸な恋を招く女性」4つの思考

当たり前ですが、できるだけ幸せな恋愛をして人生を謳歌したいものですよね? だけどダメな男につかまり“不幸な恋を招いてしまう女性”は確実に存在し、不思議と似たような思考パターンを持っています。そして、本人がそのことに無自覚なケースが多いのです。そうならぬよう、今回は“不幸な恋を招く女性”の思考パターンをご紹介します!

思考1:「独りになりたくない」

“不幸な恋を招く女性”は、「彼氏がいない=孤独」という思考を持っています。

そのため、いくら今の彼氏との関係が悪くても「独りにはなりたくない」と思って別れることができず、フリーになった途端すぐに寂しさから適当な男と付き合い始めてしまいます。

もしこの口癖を使いがちなら、まずは「一人でいる楽しさ」を知りましょう。また、「彼氏がいない=孤独」という考えではなく、「ダメ男と付き合う方が孤独である」ことに気付いた方が結果的に幸せになります。 

思考2:「私なんかが……」

“不幸な恋を招く女性”は自己肯定感が低く、常に「私なんか」「私なんて」という考えをしています。

ダメな恋だと分かっていても「私なんかが贅沢言ってはいけない」「私にはこれくらいがちょうどいい」と自分を納得させるような思考をしてしまいます。

しかし自分を幸せにできるのは、自分しかいません。卑屈になるということは自分で自分を攻撃し、不幸にするということ。

むしろダメ男に向かって、「あんたなんかに私はもったいないぐらいよ」と言えるぐらい自信のある女性の方が、実はモテるし素敵な男性が寄ってくるんですよ。 

20170203ikuho799

思考3:「この人を逃したらもう後がない」

“不幸な恋を招く女性”には、共通して「私にはもう後がない……」という切迫感があります。

年齢的に「この人を逃したらもう恋愛はできない」と考えていたり、自分に自信がなくて「この人以外に私を愛してくれる人なんていない」と考えてしまったり。

確かに保障されていない未来へ踏み出すのは勇気がいりますが、自分の未来の可能性を自分で潰してしまうのは、とてももったいなく感じませんか?

まずは自分に自信を持って、むしろ「ダメ男と付き合うともう後がない」という考え方へ切り替えるよう意識していきましょう。 

思考4:「いつか幸せな二人に戻れるはず」

幻想ばかり追ってしまうのも、“不幸な恋を招く女性”の特徴です。

恋愛初期の楽しかった思い出に縛られて「いつかはまた幸せな二人に戻れるはず」「彼もいつかは変わってくれるはず」と、いつまでたっても希望を捨てきれません。

しかし、大切なのは現在、そして未来です。

いつまでも過去にばかり残されているあなたを置いて、ダメ男はどんどん最低な未来へ進んでいきます。

まずは自分がどれぐらい長いことダメな彼に騙され続けているのか、一言だけでも良いので日記をつけてみましょう。

後で見返して何ヶ月も何年も同じことの繰り返しをしていることに気付けば、「いつか」やってくるはずだった幸せな未来なんて、ダメ男の元には来ないことがハッキリわかりますよ。 

“不幸な恋を招く女性”というのは、自分に自信が無かったり、自分の彼氏を客観的に見ることができなかったりします。

自分の意見を押し殺して相手の言うとおりにこなしたり、現実から目をそらして相手のことを無条件に信じたりすることは非常に楽ですが、それはいっときのまやかし。

最終的には「なんで私がこんな目に……」と目を覆いたくなるような“不幸な恋”しか待っていないので、今の内に改善するよう強い意志を持ちましょう!

  

【参考】

いつまでも不幸な腐れ縁を断ち切れない女の言い訳7つ【前編】 – Dangdep!

いつまでも不幸な腐れ縁を断ち切れない女の言い訳7つ【後編】 – Dangdep!