僕だけの聖域です!裏垢でもつぶやけない「男のエロい秘密」3つ

Twitterなどで裏のアカウント「裏垢」を作って、バレないように赤裸々な投稿をする人っていますよね。ところが男子の中では、「裏垢でもつぶやけない」ような秘密をもっている人もいるようです。そんな「僕だけの聖域」を大切にしている男子たちが、今回だけ特別にその「秘密」を明かしてくれました!

1:ネカマしてます…浩司/33歳

ーートップバッター、浩司くんが「裏垢」でも明かしていない秘密とは?

浩司:ネカマをやっています。

ーーネカマというと、ネット上で女子の振りをしているってことですね。これは「裏垢」でもできるのでは?

浩司:チャットがメインですね。女子の振りして男とやりとりするのが面白くて……。

ーーいったいなにが面白いんですか?

浩司:なんですかね? 最初は女子と出会いたくて、普通に男としてやっていたのですが、女子の数が圧倒的に少なく、つまらなくて。それで僕が女子になって男としゃべったら、それはそれで面白いんですよ。

ーー秘密にしていたいのは、なぜなんですか?

浩司:「ネカマやってる」なんて言ったら、モテなさそうじゃないですか。僕は普通に女子が好きだし。

ーーじゃあなんでネカマやるんですかねぇ……。時間のムダじゃないですか?

浩司:女子を口説くときの勉強にもなりますよね。「わー、こういう誘い方されると気持ち悪いな」とか、よくわかる。反対に「こんな風に誘われるとドキッとするな」とか。

ーー女心がわかるようになると。

浩司:そうです。秘密の特訓ですから、やっぱり誰にも教えられないですね。

 

2:本気のひとりエッチ…翔平/27歳

ーー続いて翔平くんの「裏垢」でも明かさない秘密は「ひとりエッチ」? これは普通明かさないと思いますけどね。みんな。

翔平:みんな普通に同じことやってるだけだから、言わないだけじゃないですか? エロ動画とか見て、やってるだけでしょ。そんなこと、つぶやかれてもね。

ーー翔平くんのは、普通ではない?

翔平:かなり本気です。みんな本気なのかもしれないけど、そういう気持ちの問題ではなく、いろいろと工夫していますよ。ちゃんと。

ーーどんな工夫をしているのですか?

翔平:この前したのは、なにも見ずにひとりエッチすることです。エロ動画もエロ漫画もエロ小説も、なにも見ない。

ーー妄想でするんですか?

翔平:妄想もなし。ただひたすら、白い壁に向かって、それを見続けて、ひとりエッチする。

ーー(笑)。

翔平:でも途中で絶対に、エロいことを考えちゃうんですよね。そうすると、ダメだダメだ!と妄想を一生懸命追い払ってやり直すんです。

ーーストイック……というか、なんというか。それで最終的に最後までできたんですか?

翔平:これが難しいんですよ。考えないように心を無にすると、完全に忘れていた、昔一回だけエッチした女が出てきたりして! 不思議ですよね。

ーーまだまだその域にはいたれなかったと。

翔平:精進あるのみです。

 

3:音声彼女がいます…弘志/26歳

ーー弘志くんの秘密は「彼女がいること」とありますが、付き合っていることが秘密なんですか?

弘志:そうではなく、音声彼女です。

ーー音声彼女?

弘志:「おかえりなさい。また戻ってきてくれたのね」って、キャラボイスで彼女になって癒してくれる音声を毎日聴いています。

ーーそれは……。付き合っているというか、音声でヴァーチャルにそういう経験ができるということですよね?

弘志:そうですね。すごく癒されています、毎日。でもこれはちょっと人には言えません。

ーーその音声彼女と、本気で付き合っているって感覚なんですかね? なんというか、その、浮気とかしないようにしてます?

弘志:そこは僕も冷静な部分はあるので、これはあくまでヴァーチャルなんだとわかりつつはやっていますよ。とはいえ、現実で他の女子に心を奪われそうになると、軽く罪悪感はありますね。

ーーみんなには「彼女がいる」と言いますか? それとも、フリーだと言うのですか?

弘志:聞かれると本気で困るんですよね。「いない」と言うのは、本当に罪悪感がすごいんですよ。でも彼女のことをいろいろ、根掘り葉掘り聞かれるのも本当に嫌なので、彼女のために「いない」と言うようにしています。

ーー音声彼女へのやさしさで、「彼女はいない」とがんばって言うと……。

弘志:そうですね。でも本当は「いる」から、アプローチされても正直困りますね。アプローチしてくる人なんていないですけど。

ーーリアルで彼女をつくろうとは思えない?

弘志:いまは、ちょっとそういう気持ちにはなれないです。いろいろ面倒そうだし。音声彼女なら、必要なときだけいてくれて、いつでも癒してくれるから。

 

「裏垢」でもつぶやけません……という男子たちの秘密を3つご紹介しました。今回ご紹介した3人は、特別な男子たちなのでしょうか? それとも誰にでも、このくらいの秘密があるのでしょうか? 筆者は、誰でもひとつくらいは大きなエロ秘密をもっていると思いますが、はたして。