「全然好きになれない!」本当の恋が何かわからない女子の本音3つ

「デートをしても、なんだかピンとこない……」「男性が周りにいないわけではないけど好きにはなれない」など。本当の恋に悩む女子のみなさん。好きに正解を求めてしまうからこそ、困惑してしまいます。今回は「全然好きになれない!」本当の恋が何かわからない女子の本音3つをご紹介します。

1:誘いにのったらむしろ敗北した気分

好きではないけどデートの誘いにのってみたものの、そんなに楽しくない。せっかく美味しいはずの食事だって全然美味しく感じられない。挙げ句の果てに、帰宅したら虚無感しか残らない。

「いったい、いつになったら好きな人は現れるの?」と疑問に思う女子の皆さん。

誘いにのるのは、そこに自分の気持ちがなかったらそれは賭けでしかありません。なので、デートで最高の収穫を得られないのも当然なこと。

「そっかそっか。仕方ないね」と受け流せる心意気を持って、デートに挑むのがベストかもしれません。誘いにのって、敗北感を感じる必要もないのです。これは、ちょっとしたギャンブルなのですから。 

2:寂しさを埋めるための暇つぶし

「夜になると、なんだか急に心が寂しくなってしまう……」「誰かといる方が自分がラクでいられる」そう思う時は誰にだってあります。そこで、寂しさに勝てずに好きではない人で埋めてしまっては、本当に心から想える人と過ごす時間が減ってしまうだけです。

少し、しんどくても一人で乗り切ることが後の自分をつくり、心から想える人を支える力となるでしょう。決して今感じる寂しさは無駄なことではありません。必ず幸せになるための時間と思って、乗り切れたら最高です。

3:全部ステータスのため!

「全然好きではないけど、◯◯会社のエリートだから」など、話のネタにするためだとか、インスタに豪華な食事をアップするためにデートに時間を費やすのは決して悪いことではありません。

そして、「なんで好きになれないんだろう……」と悩む必要もありません。

しかし、自分のステータスのために時間を割くのは、大変もったいないことです。「男では、はかりきれない価値がある」そう思って毎日を過ごすことができたら、悩みも少しは軽減されていきます。

女の子の価値は、隣の男性で決まるものではありません。目に見えやすいものだから、そう判断されがちなだけで、それに焦りを感じる必要は全くないのです。

いつだって、自分らしくいることが幸せになれる鍵かもしれませんね。 

いかがでしたか?

本当の恋に正解を求めてしまうから、疲れてしまったり困惑してしまったりするのです。いつだってナチュラルな気持ちを大切にできたら、より心に余裕のある女性らしさを出すことができるでしょう。やがてそれは魅力となり、気がついた時には幸せだと感じることができるのです。

 



У нашей фирмы нужный сайт со статьями про ivf-lab.com.