好立地!札幌カップル旅行で「小樽」にも行くと愛が深まる3つのワケ

雪まつり狙いで札幌へカップル旅行に行くなら、そのまま“小樽”まで足を伸ばしてみるのもオススメ。札幌と小樽って、電車で移動しても1時間以内で到着する好立地なんです。15回以上北海道を旅している筆者が、カップル旅行で冬の小樽を訪れると満足度が高い理由を3つご紹介しましょう。愛が深まるワケがたくさんあるんです……!

理由1:雪のレフ板効果でフォトジェニックな美写真が撮れる!

もともと小樽は歴史的な建造物が多く、フォトジェニックな写真が撮れる観光地。

そして冬の小樽は、運河周辺が一面雪で覆われるため、写真を撮ると雪に光が反射し、天然のレフ板効果で美肌写真が撮れちゃうメリットが高いんです。

せっかくの旅写真は、フォトジェニックかつ美肌な写真を思い出にしたいカップルも多いはず。そんなワガママも、冬の小樽ならテクいらずで叶ってしまうんです!

逆光に注意して、光がキレイに当たるベストスポットを探してみてくださいね。 

理由2:鮨屋が54軒もあるので散策しながら選べる

旅先では、ご当地グルメを楽しみたいカップルも多いですよね。

しかし観光地だと、入りたいお店が満席で泣く泣く諦める……なんて展開もありがちです。

小樽には通称『鮨屋(寿司屋)通り』と呼ばれるストリートがあり、お鮨屋さんが54店舗(出典:小樽鮨組合)も点在しています。カップルで散策を楽しみながら、インスピレーションでお店を探す楽しみがありますよね。

また、いろいろな鮨屋を回ってお気に入りのお店を探し出す醍醐味も! グルメカップルだと、旅先で何軒もお店をはしごしたくなるものですが、小樽ならそんな食べ歩き旅もカンタンに叶うんです。 

理由3:夜景スポットへのアクセスが良い

カップル旅行では、ロマンティックなシチュエーションで愛を温めたくなりますよね。

夜の小樽運河周辺はライトアップされるので、カップルにピッタリのムーディなスポットに変化します。散策の最後に運河に戻ってくれば、昼間とはまた違った思い出に。

また、小樽の天狗山からは街の夜景が一望でき、カップルで訪れるのに最適なスポット。

全国の夜景スポットのなかには、主要的からアクセスの悪いところもあるなか、天狗山は小樽からバスで15分という好立地なので、時間がない旅でも足を伸ばしやすいんです。

コンパクトな観光地だからこそ、時短で盛りだくさんな行程を組めるので、限られた時間を有効に使えますよね。

夜の飛行機で帰る前に、サッと夜景を楽しむことができるのはカップルにとって便利です。 

いかがでしょうか?

札幌から小樽へ午前中に到着し、写真撮影→お鮨屋さん巡り→お土産をお買い物→夜景を見る→空港へ……なんてギュッと濃い旅プランを組めるのも、アクセスが良い好立地だから。

今年の冬、札幌へのカップル旅を企画しているなら、ぜひ小樽にも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

  

【参考】