一気にこっちのペース!「イケメンもキョドらせる」自宅エッチ3つ

もしイケメン男子とデートすることになったら、ぜひ自分の家へ連れ込みましょう。一気にこちらのペースでコトを進めることができるからです。今回は、『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者、箱崎キョウコさんにイケメンでもキョドらせる「自宅エッチ」のやり方を教えていただきました。

1:「さっきのお茶に何入れたかわかる?」

ーー今回は、自宅でエッチしてペースを握っちゃおう……というテーマです。

箱崎:やっぱり自分の部屋は自分のナワバリですからね。そこを意識すると、有効に活用できますよ。

ーーでは最初のテクニックを。

箱崎:「さっきのお茶に何入れたかわかる?」

ーー怖いですよ(笑)!

箱崎:ドキドキしますよね(笑)。「えっ、何を入れられたんだろう。俺、どうなっちゃうんだろう……」って。

ーー媚薬とか入れられたのかな、って思いますよね。

箱崎:「えっ、えっ」とキョドってる彼を確認したら、「レモンの代わりに柚子を入れたの。わかった?」とニコッ。

ーーおいしそうですね。 

2:「もうすぐパパが帰って来るの!」

箱崎:続いては、一番盛り上がっているときにぜひ使ってほしい一言。

ーーなんでしょう?

箱崎:「もうすぐパパが帰って来るの!」

ーーこれも怖い(笑)!

箱崎:ドキドキですよね(笑)。エッチの最中に言うのが、一番効くんじゃないでしょうか。一番、いいところで。

ーー意地悪ですねー。

箱崎:「えっ! どーするんだよ? 止まらないよ!」となりますよね。エッチの最中なら、途中で、「あっ、もうダメ! ダメだって!」と焦りながら言うといいでしょうね。

ーー実家じゃなかったら、使えないんじゃないですか?

箱崎:「帰って来る」じゃなくて、「もうすぐパパが来る!」と言えばいいんじゃないですか? 娘の家に来ることはありますよね。

ーー「なんでそんな日に呼んだんだ?」感はいなめませんけどね。

箱崎:それだけ会いたかったってことで(笑)。

ーーこれ、「パパが来る!」のあと、どうするんですか? そこでエッチをやめちゃう?

箱崎:「ガマンできないよ!」と怒り出したら、思いっきり最高のテクニックを使って、最後まで終わらせてあげてください。ドキドキ混じりで男性はすごく興奮しますよ。

ーーなるほど。で、終わったら?

箱崎:そこは言っちゃった手前、その日は帰ってもらいましょう。「また会いたいな」という焦らしにもなります。

ーーなかなかドキドキのシチュエーションですね。

箱崎:もっといいのが、本当にパパを呼んでおくことですね。さらに緊張感がリアルに!

ーーイヤすぎるけど、男子的に、確かに興奮できる気がします。なんでかな?

箱崎:家なのに、いきなり「イケないことしてる」要素が出ていいですよね。

ーーこれは間違いなくキョドりますよ……。 

3:「ぱ、パンツがないッ!」

箱崎:最後のテクは、相手のパンツを隠しちゃう。ノーパンでズボンを履く羽目に……。

ーーそれはキョドりますよ。

箱崎:意外と失くなりがちですから、自然にできますよね。

ーー失くなるかなあ?

箱崎:家から出たあと、自分がノーパンであることの頼りなさに気付き、離れてからもドキドキを誘います。

ーーバイバイしたあとも、思い出させるわけですね。

箱崎:その後のLINEも、パンツの話があるから送りやすい!

ーー送られたほうは恥ずかしいですよね。

箱崎:完全にペースを握っていますね。

ーー忘れたパンツが見つかっても、あまりジロジロ見られたくない気がします。

箱崎:「見つけたよー」ってLINEされても、ちょっと恥ずかしいですよね。

ーーむしろ見つからないでほしいですね。

箱崎:少し股の間を濡らして、写真撮って送っちゃったりして。

ーー意地悪すぎます(笑)。

箱崎:返すときは、ちゃんと洗濯して綺麗にたためば、女の子らしいかもしれませんね。

ーーポッと顔を赤らめながら、「あ、ありがとう……」。

箱崎:「お嫁さんにしたいな」と思ってくれるかもしれませんよ。 

イケメンさえもキョドらせる「自宅エッチ」のやり方を3つ教えていただきました。上記を使えば、完全にペースを握れそうですね。部屋に連れ込むと、おもてなしや片付けなどが大変ですが、自分のナワバリということで、かなりメリットがありそうです。