いるいる~!「職場でウザい」嫌われ男子…みんなが苦手すぎる1位は

苦手な男子を目の前にすると、イラつく女子もいるのでは? 会社に「アイツ、苦手」と思う同僚がいると、仕事場へ行くのが億劫にもなりますよね。第一三共ヘルスケア「バレンタインデーに関する実態調査」をもとに、職場の嫌われ男子にありがちな特徴ワースト3をご紹介しましょう。あなたの仕事場にも、こんなウザ男子がいますか!?

ワースト3位:自慢屋で自己顕示欲が強い

同調査で30代の女子たちに職場で「嫌い・苦手」だと感じる男性の特徴を聞いた結果を見てみると、ワースト3位には70.2%が選択した「自慢話が多く、自分の存在を誇示しようとする人」が選ばれています。

「俺、この前もまた契約とっちゃったよ~、楽勝すぎて参るよ」なんて自慢を含ませながら会話する男子、いますよね。

相槌にも困りますし、「はいはい」と言ってその場を去りたくなる女子もいるのでは!?

自慢屋男子と最低限の接点でとどめるコツ

8年間市議を務め魑魅魍魎な世界を垣間見てきた筆者も、自慢屋男子に辟易した経験をもつ一人。

自慢が好きな男子が自慢げに会話をしてきたら、とりあえずその場では「スゴイですねー」「さすがですねー」なんて言いつつ、「すみません。私これから打ち合わせで……」と急ぎの仕事があるフリをして去っていました。

変に凝った相槌をしてしまうと、話が長くなる上に「あの子なら聞いてくれる」なんて思われるので得策ではありません。

適度な距離感をキープしつつ深入りしないのが賢明なのでは。

 

ワースト2位:非を認めず自己主張が強すぎる

続いて、ワースト2位になっているのは72.0%が選ぶ「自己主張が強く、意見を押し通したり、自分の間違いを認めない人」でした。

「俺は間違ってないぜ!」という主張を繰り返し、自己評価を高めようとする男子、意外といます。

この手のタイプと話すと、「イラつきしかない!」と言う女子もいるのでは!?

非を認めない男子と最低限の接点でとどめるコツ

いつまでも自分の非を認めたがらない男子との会話は、疲れますよね。

ストレートに「あなたが間違っていますよ」なんて延々と指摘してしまえば、トラブルの火種にもなりがち。

この手の男子には、途中から忙しさを演出し“聞こえないフリ”をして、一旦その場を去ってしまうのが、最もトラブルを避けられる方法かも。

しかし、筆者の経験を思い返すと、露骨に逃げると「感じワリーな!」と思われるので、“ちょっとやることができてしまった”という雰囲気を出すのが何よりも重要です。

 

ワースト1位:人に厳しい怒りんぼ

そして、76.2%が選びワースト1位になっているのは「人に厳しく、いつも不機嫌/怒っている人」でした。

怒りんぼ男子が職場にいると、場の雰囲気が悪くなってイヤですよね。

「お前、こんなこともできないの!?」など、責任転嫁して他人ばかりを責めることに長けていたりもします。

怒りんぼ男子と最低限の接点でとどめるコツ

やたら不機嫌な怒りんぼ男子とは、本来なるべく接点をもたないのがベストなのですが、職場だとそうもいきません。

厳しい発言をして不機嫌そうになっている相手をやり過ごすなら、やはり“用事ができた体裁”が一番。

不機嫌な相手をなだめようとすると調子に乗りがちなものの、言い返せば大ゲンカになりかねません。

「あ。かなり機嫌悪いな」と思ったなら、用事は後で出直すべく一旦その場を離れましょう。

 

いかがですか?

職場にウザい男子がいると、面倒くさいですよね。

「アイツ、苦手」と思う男子には、賢く接してストレスを最小限にしていきましょう。

 

 

【参考】