もうダメ…やめてーッ!私が降参した「エロすぎカレシ」実話3つ

エッチが苦手なカレシってのも物足りないですが、あまりにもエロすぎるとどうでしょう。「そんなカレシは大歓迎ッ!」と思っちゃう女子もいるかもしれませんが、はたして実態は……? 今回は、「カレシがエロすぎて、もう無理だとあきらめました」という女子たちの体験談をご紹介します。

1:毎日朝晩2回、1回1時間以上…愛美(仮名)/27歳

ーーエッチが好きすぎるカレシにほとほと疲れてしまったという愛美さんです。そんなにエッチ好きだったんですか?

愛美:私も嫌いなほうではないのですが、もう眠くて……。

ーー睡眠時間まで奪われる状況だったと?

愛美:毎日毎日、必ず朝と晩で2回。しかも1回も長くて1時間以上していました。最後のほうは、もうノイローゼになりそうでした。

ーーあまり気持ちよくなかった?

愛美:モノには限度がありますよね……。相性も悪くないし、毎回気持ちよくはなれるのですが、回数が多すぎですよ。彼と付き合っているときには、ひとりエッチした記憶もありませんね。

ーーやはりいくら気持ちよくても、回数が多すぎるとダメなものですか?

愛美:夜中の2時くらいからはじめて、終わって寝たのが3時半くらいなのに、朝の5時くらいに叩き起こしてエッチしてくるんですよ! 耐えられますか!?

ーーそんな人いるんですか? とても元気なようですが、年齢は何歳くらい?

愛美:30代後半ですね。その彼の前は、20代前半の年下と付き合っていたのですが、はるかに元気でした。あれは年齢とかじゃないですね。性欲の塊(かたまり)。

ーー「今日はエッチしたくない」と伝えることはできなかったんですか?

愛美:めちゃ怒るんですよ! エッチを断ると! それ以外はすごくやさしい人だったんですが……。 

2:私は奴隷じゃないっつーの!…瞳(仮名)/26歳

ーーSMが趣味で、奴隷を何人か飼っていたことのある男性とお付き合いしていたという瞳さんです。どこで知り合ったんですか、その人と?

瞳:コスプレの撮影会で、声をかけられました。

ーー瞳さんは、コスプレが趣味なんですね?

瞳:いまはしていません。

ーーSMが趣味の元カレは、奴隷がいたというくらいだから、Sの人だったんですね? 瞳さんはM?

瞳:自分ではそうだと思っていたのですが、彼と出会って、私にMっ気はまったくないなということがわかりました。

ーー彼のプレイについていけなかった?

瞳:普通に恋愛関係からスタートしたので……。プレイは、徐々にだったんですけど。最初は好奇心でドキドキしたし、彼もいきなり痛いのはしなかったのですが。

ーーだんだんエスカレートしていったと?

瞳:そうですね。途中から我慢していました。彼の趣味に付き合いたかったし、他の子にそういうことするようになったら、嫌なので。でも、あるところで限界がきました。

ーー限界がきたのは、どのようなポイントだったのでしょう? 差し支えなければ。

瞳:他の人が出てきたときです。

ーー複数プレイ!

瞳:ホテルの大きめの部屋で、他のカップルも2組いて……。「これから恥ずかしいことをする」とか言われたんだけど、絶対にムリだと思って、トイレ行く振りして逃げました。

ーー他の男性に触られるのが嫌だった?

瞳:うーん……。なんか、他の同じようなカップルを見たときに、すごく客観的になった自分がいましたね。「私もこの人たちと同じなの? 気持ち悪い……」って。すごく変な人たちに見えて。

ーー仲間になりたくないと思った。

瞳:そうですね。それから「変」だと思われることを避けるようになりました。コスプレをやっている人が変だとは言いませんが、私がコスプレをしないようになったのも、その影響かもしれません。私は普通の人なんです。 

3:ドラッグはムリです!…未来(仮名)/33歳

ーー元カレがエッチのときにドラッグを出してきてドン引きしたという未来さんです。それは警察に通報したほうがよさそうですね?

未来:「合法だから大丈夫」と言ってたけど、ダメですよね。

ーー元カレはジャンキーだったのでしょうか?

未来:いえ……たぶん違う。「俺も初めて」と言っていました。

ーーなぜドラッグに手をだそうとしたのでしょう?

未来:ドラッグの前に、いろいろとエッチな道具を毎回買って持ってきてたんですよ。それはふたりで楽しんでいたんですけど。ドラッグはさすがに……。

ーー媚薬みたいなものだったんですかね?

未来:私には違いがよくわかりません。

ーーいつものエッチに、いろいろと道具を使うのが好きな人だったんですね?

未来:私も嫌いじゃないですよ。でも、ドラッグは……。

ーーちょっとついていけない一線を越えてしまったなと。

未来:そうですね。怒って帰って、そのあと連絡を絶っていたのですが、それでもたくさん連絡してきて。正直、許すとか許さないの前に恐い気持ちでいっぱいになってしまい、二度と会わずに別れました。

ーーいくら気持ちよくなるためとはいえ、ドラッグは絶対にムリだったということですね?

未来:それはやっぱりダメですよね。ちょっと、そういう人とは付き合えません。

ーードラッグ以外に、「これはヤダ」という境界線はありましたか?

未来:やっぱり痛いのは嫌ですね。でも、怒るけど別れはしません。いくら気持ちよくなりたいからって、ドラッグは一発でアウトだと思いました。 

カレシがエロすぎてあきらめたエピソードを3つご紹介しました。かなり強烈なエロすぎカレシたちでしたね。これくらいなら耐えられる!という女性も、世の中にはいるのでしょうか……? 次はエロすぎ彼女についても、リサーチしていきたいと思います。