めんどくせーなっ!彼もドン引きしちゃうウザ女子認定LINE3つ

大好きな彼といつもつながることのできるツール、LINE。ですが、この“いつでも連絡できる気安さ”が恋に災いをもたらしているケースも多いようです。恋愛セラピストでもある筆者が、日々鑑定を受ける中で感じている、彼にドン引きされるリスクの高いLINEでのNGアクションを3つにまとめてお知らせしたいと思います。

それでは、女性がLINEでついついやってしまいがちなNG行動をみてゆきましょう。

NG行動その1:警官になるな!

「好きになった彼のことは、いつでも把握していたいから」なんて思ってはいませんか?

そこまで好きになれる人に出会えたことは幸せですが、その思いのままつっぱしってしまうのはちょっと待ってくださいね。

「今、なにしてるの?」

このセリフって、言う側としては問題ないように感じられるかもしれません。ですが、男性の側からするとけっこう怖いセリフのようなんです。

彼の性格によっては、束縛してくる女認定を受けてしまうかもしれません。よっぽどの時以外は、彼の行動をさぐるようなLINEメッセージは控える方がベター。 

NG行動その2:彼への依存注意報!

彼のことが好きすぎて、24時間彼のことばかり考えてしまう女子に気をつけていただきたいのがこちら。

それだけ彼が好きなことは素晴らしいことですが、彼への依存傾向が高まってしまうリスクがあります。生活のすべてが、気づけば彼のことだけになっていて、自分の世界が縮まってしまっていませんか?

「なにか面白いことある?」

このセリフも、つい口にしてしまうケースも多いかもしれませんが、面白いことって、実は自分自身でつくりだすものでもあります。

聞かれた男性に、“面白いことも人に聞かないと出てこないの?”って、がっかりされてしまう場合も考えられます。

いつもいつも周りから何かをしてもらおうという考えでは、幸せは遠のいてしまいやすいようです。ご注意くださいね。 

NG行動その3:シンガーソングライターになるな!

今日、なにがあった。今日、なにを思った……。

女子的には、大好きな彼に一番わかってほしいことなのかもしれません。

ですが、忙しい仕事を抱えた彼にこの連絡を取りすぎると、げんなりされる確率は高いのでご注意くださいね。

メンタルオナニープレイはほどほどに!

ややもすると自己満足で終わってしまうような、オチがない話を嫌がる男性は多いもの。

最初の頃は真剣に話を聞いてくれていた彼でも、何度も続くとつきあいきれなくなるのが、この“自分語り系メッセージ”なのです。

身に覚えのあるあなた、セーブしてみましょう。

解決策:友だちと、うだうだLINEを楽しもう!

エネルギーが有り余っているあなたにおすすめなのが、彼以外の男友だちや女友だちとのLINEのやりとりです。

なぜかというと、仕事で疲れている彼にLINEやりとりの相手を求めると、残念女子認定を受けてしまうリスクが高まってしまうから……。

リスク分散として多数の人とのやり取りで、体力を使い果たしておけば、彼ともさらっとした感じでのLINEのやりとりをできますよ! 

LINEで彼と楽しく話すための極意

極意その1:卓球のイメージで、ラリーを楽しんで!

LINEというツールは短い文章で、相手も乗り気なモードの時に、会話のキャッチボールをぽんぽんっと楽しむツールだと考えておけばいいでしょう。

お互いまたは片方がのり気でない時や忙しい時って、そんなにはやりとりが続かないものですよね。たまたまおたがい合ったタイミングを楽しむ“奇跡”くらいに思っておくのがいいでしょう。

極意その2:既読スルーはスルーして!

相手からの返事が返ってくるようであれば、やり取りを楽しみ、返事が返ってこないようであれば、“彼も忙しいのだろうな”と良い風に解釈していくことが、LINEを楽しむための前提になるようです。

いつも恋愛相談を受けていて感じるのが、彼からの既読スルーに悩まされる女子が本当に多いということです。

既読スルーになった時は、いったん会話が終了したんだなとだけ理解して、そのことで悩み続けるのはやめましょう。たとえ「した質問に対する答えがない場合」でも、いったんそのことを忘れてしまいましょう。

そしてどうしても伝えたいことに関しては、LINEなどのメッセージツールに頼りきらずに、次に会えた時に直接伝えることを心がけてみましょう。

これだけでも、かなりの問題が、問題ではなくなっていくかもしれません。 

いかがでしょうか?

いまや、生活に欠かせなくなっているLINE。LINEに振り回されるのではなく、LINEを上手に使いこなして、幸せな恋につなげていきましょう。