ごっ…誤解なのよぉ!恋愛相談に適した「男友達の条件」4つ

あなたは彼との恋愛で悩んでいるとき、誰に相談しますか? もちろん同性の友達という場合が多いでしょうが、時には同性だと話しづらく、異性の友達に相談したいこともあるのでは? しかし、相応しい人を選ばないと、いらぬ誤解や相談した時間のムダになりかねません。今回は、“恋愛相談の相手に相応しい男友達の条件”をホストの桜庭さんに聞いてみました。

1:彼女がいる or 好きな人がいる

「いちばん安心できるのは、その男友達に彼女や好きな人がいるとわかっている場合でしょうね。それなら、周りから見てもただの相談と受け取られやすいですから。

普通に考えても分かるとおり、お互いに別に恋人がいる人同士の浮気ってすごくリスクが高いのです。なので正々堂々と相談していれば、そんなに変な噂や誤解を招くことはないでしょう」

確かに、相手に彼女が別にいて、ラブラブなことがわかっていれば、安心して相談ができそうです。それに“付き合っている人がいる”ということは、それなりに恋愛の経験もあるでしょうから、問題の解決策も出してくれそうですね。

 

2:人の話をしっかりと聞く能力がある

「あとは、話をちゃんと聞いてくれるってことですかね。“それ、当たり前じゃない?”って思うかもしれませんけど、実はこれができる人って少ないんですよ。

男性に限ったことじゃないですけど、人の話をしっかり聞くのって能力の一つだと思うんですね。あなたが悩みを話そうとしているのに、話の途中にいきなり“あぁ、わかったわかった。それならね……”といきなり割り込んでくる人っていませんか? 結構多いはずです。

そういう人に相談をしても無駄です。その人は自分のパターンに当てはめて回答を導き出すタイプなので、自分の経験した範囲や予想した範囲外のことがくるとすごく弱いんですよ。

それに女性の場合は、“誰かに悩みを話す”ことによってストレスが解消できたりするので、そういう面でも話を聞いてくれない男性に彼のことを相談すると余計にイライラが募ってしまうと思いますよ」

女同士で話をしていると、必ず話の主導権を取っていってしまう人っていますよね。それでは相談もできそうにありませんし、しっかりとしたアドバイスがもらえるとも思えませんね。

 

3:自分の意見を押し付けてこない

「話を聞いてくれる人が男友達にいるなら、その人が適任ですけど、話を聞いた上で“自分の意見が通らないなら知らない”という男性もいるので、注意が必要です。

相談をするわけですから、もちろん“相手の意見を聞いてみよう”という気持ちはあるはずですが、それがどうしようもなく受け入れられない場合は、相手に強制権はありません。

たまに、“意見だけ言わせておいて、全然言うこと聞かない”と怒る人がいます。相談をするまえに、その人に強引なところがないかだけはチェックしておいた方がいいでしょうね」

これは、悩み事を解決しようとして、更なる悩み事を生んでしまうパターンです。長年付き合いのある男性なら、大体の性格はわかるでしょうから、あなたの意見を尊重してくれる人を選んだほうがいいでしょう。

 

4:彼と性格が似ている

「あと、彼氏のことを相談したいのだったら、性格が似たタイプの人を相談相手に選ぶのがお勧めです。もちろん、“すべての意見が合う”なんていう人はいないでしょうが、それでもタイプが似ていると自然と考え方も似ていることが多いので、参考になるアドバイスをもらえる可能性が高くなります。

こういう友達に相談する場合は、素直に“○○君って、彼にちょっと似てるところあるからさ、彼が考えていることもわかるかなぁって思って”と伝えましょう。そうすることで、その友達からも“俺のことはただの友達なんだ”と自覚してもらえて安全ですよ」

彼と性格が似ている男性に相談事とかしていて、優しい言葉をたくさんもらうと、コロッと気持ちが動いちゃうこととかもありそうですが、そこは絶対に一線を越えないようにご注意を。あくまでも彼との円満な関係のための相談事だということを忘れずに。

 

何もやましいことがなくても、男友達に彼とのことを相談すると“あらぬ誤解”を招く恐れがあることは、いつも頭にいれておきましょう。

その上で、いい解決策を一緒に考えてくれる男友達が近くにいたら、大事にしたいものですね!

 

 

【取材協力】
※ 桜庭颯太・・・中学卒業後家から追い出され、ホストの道に入る。お店での売り上げランキングは高くないものの、多くのリピーターを作ることが得意。趣味はサバイバルゲームのアウトドア派。