見逃さないで!男が「大切に思ってる女性」だけに送るサイン2つ

「女は男を追いかけるべきではない」と良く言われますが、それは、男に大切にされてこそ女が幸せになれるからです。そこで、海外情報サイト『all women stalk』の記事を参考に、男が“大切に思ってる女性”だけに送るサイン2つを、筆者自身の経験と共にご紹介します! このサインをバロメーターに、彼の本気度を測ってみてはどうでしょうか!?

サイン1:家に無事に帰れたか確認メールがある

初デートや二人が恋人同士になるまでは、デートが終わって別れた後に、「今日はありがとう」というメッセージと共に、彼から「ちゃんと家に帰れた?」という確認メールはほしいところです。

筆者は、初デートが終わり「今日は楽しかったよ、ありがとう。ちゃんと家に帰れた?」とメールをくれた男性は、筆者を彼女候補とみなし、こちらも付き合う価値がある男性だと考えるようにしています。

男は、「その女性のことを大切にしたい」と思っていると、自ずと相手の安全の確認をしたくなるものなのです。

家族や友達の間柄でも芽生える感情

これは、恋愛感情がない家族や友達の間でも存在する感覚ではないかと思います。筆者の男友達は、筆者がちょっと飲みすぎて千鳥足で帰宅する時などは、必ず「ちゃんと家に帰れたか!?」とメールをくれます。

彼らは兄弟同然なので、筆者が酔っぱらって道で寝込んだり、自転車でコケて怪我をしたりしていないか心配になるのだとか。

友達同士でもこういった感じなのだから、彼があなたのことを大切に思っていたら、少なくとも最初のうちは必ず安全を確認するメールがあるはずです。

 

サイン2:あなたを崇めてくれる

男が女性のことを大切に思っていたら、決して上から目線で物を言ったり、劣等感を感じさせるようなことは言いません。

一緒にいる女性のことを“連れ”や“相方”、“お前”呼ばわりする男性がいますが、品がないうえに女性を尊敬しているとは思えません。

筆者の仲が良い外国人の男友達のなかには、日本語がペラペラで翻訳や通訳をしている人が数人いるのですが、日本人男性が交際している女性を、そんな風に呼ぶのを聞くと「良い気分がしない」とよく言っています。

彼らは、彼女のことが本気で好きだったら、そんな上から目線な呼び方は絶対にしないし、「恋する女性のことは、尊重して崇めるように接する」とも言っていました。

あなたの周りの家族はどうですか?

筆者の亡くなった父は、本当に母のことを大切にしていたのですが、父が母を“お前”なんて呼んだことは一度もなかったし、お嫁さんを大事にしている兄も同じです。

彼があなたのことを大切に思っていたら、必ず崇めるような態度で接してくれるハズ。

いつも彼が横柄な態度で、あなたを見下すよな言動を取るのなら、付き合う価値はないと思った方が良いでしょう。

 

いかがでしたか!? いくら彼のことが大好きでも、心から大切にされていないのなら一緒にいても幸せにはなれないのではないでしょうか。

「女性は愛されるより愛された方が幸せ」だと良く言われますが、それは当たっていると思います。

必死に追いかけて仮に付き合えたとしても、ないがしろ状態に甘んじていては、自分で自分のことを卑下しているのも同じこと。

もし、「上に挙げた2つに全く自分が該当しない……」と思うのなら、大切にしてくれない彼にしがみつくのはやめて、本気であなたのことを思ってくれる男性を探してみてはどうでしょうか。