「浮気の何が悪いの?」バレなきゃOKイマドキ女子の浮気事情3つ

あなたは浮気をしたことがありますか? この質問、おそらく「ない」と答えた人のほうが少ないのでは。今回は「浮気なんて言わなきゃバレないよ、一回くらい……」と繰り返すうちにいつの間にかそれが普通になって、今では「浮気の何が悪いの?」が口癖な“バレなきゃ平気!イマドキ女子”の意見をご紹介します。いや、それはひどいでしょ~!?
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:独りになるのが耐えられない

イマドキ女子は彼氏1人だと不安でたまらないのです。いつ振られるか分からないし、別れて独りぼっちになるのが耐えられないからです。

彼氏がいても彼氏候補を

そのために彼氏がいても常に次の彼氏候補を確保している女子は多いです。これなら彼氏と別れてもすぐに新しい彼氏ができますし、独りぼっちになることはないですからね。

もちろん彼氏がいても彼氏候補ですから2人で出かけることだってあるし、いい雰囲気になることだってあります。これは世間からみると立派な浮気かもしれません。

でもね、イマドキ女子にとってはこれは普通のこと。彼氏がいるのに彼氏候補を探し続けている。それがイマドキ女子なのです。 

2:嫉妬心からの浮気

「彼が浮気しているかもしれない……それなら私だって!」

彼が浮気をしているかもしれないという何も確信のないこの不安の呪縛から解放されるための手段として浮気に走る女子は多いです。

確信のない事実を追及できない

彼が浮気をしているかもしれない、けれど確信がない、という場合は相手を責めることができないですからね。不安がたまる一方なんです。

そんなとき、なぜかイマドキ女子は「それなら私だって!」と浮気に走りがち。

ここで自分が浮気をすることによって、相手を責めることはできなくなります。「彼が浮気をしてるかもしれない……けど自分もしちゃったしな」と思うことによって、彼の浮気に対する不安から解放されるのです。

しかしそれは一時的なもの。不安になればまた同じことを繰り返してしまいます。 

3:エッチのマンネリ化

3つ目はエッチのマンネリ化がまねく浮気。

彼氏のことは大好きでも、ずっと一緒にいるとあまりエッチはしなくなります。そのために女性は新たなセックスパートナー(セフレ)を見つけ浮気をするのです。

性欲が強いと思われたくない

女性は彼氏に性欲が強いと思われたくないものです。そのために外でセフレを探します。

本末転倒のように聞こえますが、浮気相手にはどう思われてもいいけれど、彼氏に「性欲が強すぎる!」と思われるのは耐えられないという女子もいるのです。

逆に、セフレと割り切っていたつもりでもセフレのことを彼氏より好きになってしまったりなんてこともよくある話。彼氏を捨ててセフレに走るものの、セフレはセフレ、彼女に昇格できずに悲しい結果になる女子も少なくありません。

結局辛い思いをするのは自分なんですよね。イマドキ女子も悲しいものです。 

「バレなきゃ平気」軽い気持ちで浮気をするイマドキ女子の本心でした。いかがでしたか?

イマドキ女子にとって浮気はステータス。彼女たちの浮気を止めるには……もう、本命を浮気相手にするしかなさそうですね!?