ダメ恋愛運は家のせい!? 「風水」を気にする人が避けることTOP3

恋愛運がイマイチだと、なんとしてでも打破したいですよね。藁にもすがる思いで改善をしてみるならば、“風水”に頼ってみるのも方法です。もしかすると、今の家は風水的にNGなインテリアになっているかも……。ネクストの「住まいの風水・家相調査」をもとに、風水を気にする人が運気アップのために避けていることのトップ3をお伝えします。

3位:トイレに本や雑誌を置く

480人に対して“避けているグッズや習慣”を調査したところ、3位になっていたのは「トイレに本や雑誌を置く」で、17.5%が選択しています。

風水的には、トイレで本や雑誌を読むと若々しさを失うとされる説が……。

個室なので「落ち着いて読める場所」と思っている人もいるかもしませんが、“水”と縁のあるトイレに書籍などを置くとみずみずしさを紙に吸い取られ、若々しさを失うというのです。

トイレの中のタオルにも注意!

風水では、トイレにタオルを収納するのもNGと言われることが多く、トイレ内の収納にしまいがちなアイテムだけに、気をつけたいところ。

タオルに悪いエネルギーが宿ってしまい、美容運をダウンさせるとのこと。

恋愛やモテと美容は切っても切れない関係だけに、気になるかたは、雑誌や書籍と同時にタオルの保管場所にも気をつけてみてはいかがでしょうか。 

2位:造花やドライフラワーを飾る

続いて、2位になっていたのは「造花・ドライフラワーを飾る」で、19.4%が選択しています。

多忙女子だと生花を飾るのは面倒で、手っ取り早く飾れる造花やドライフラワーに頼りがちな人もいるのでは?

しかし風水では、これらの花は“すでに死んだ花”として扱うため、ネガティブな気を発するとされる説が有力です。

ネガティブな気を集めると、恋愛運ダウンにも直結すると考えられているので、風水的には造花はいかなる運にもNGの象徴なのです。

プリザーブドフラワーはどうなの?

生花を特殊な溶液に浸け、水分を抜いた“プリザーブドフラワー”は、風水的にはドライフラワーより“マシ”と言う考え方が主流です。

風水の世界では“時を止めた花”として扱う説が多いので、造花ほどは悪くないという考え方があります。

しかし、せっかく風水を気にして飾るなら、生花を飾ったほうが安心感がアップするのではないでしょうか。 

1位:玄関の正面に鏡を置く

そして、1位になっていたのは「玄関の正面に鏡を置く」で、20.2%が選択する結果に。

風水の考え方では、玄関の正面に鏡があるとせっかく入ってきた“イイ運気”を跳ね返してしまうという考え方が主流とのこと。

玄関に姿見を置くならば、運気が跳ね返らないように扉と垂直に置くなど工夫して置くと安心感が増しますね。

ちなみに、向きに関係なく玄関に鏡を置くこと自体が“気を乱す”とする説も一般的なので、この辺りはご自身が信じるほうを選んでみてください。

部屋に置く鏡はどうする?

こちらも諸説あるものの、一般的に言われているのは次のようなルールです。

(1)寝室に置く鏡は自分の姿を映さない場所に
(2)鏡に暗闇を写すのは不吉なので鏡にカバーなどをかける

どうしても恋愛運を上げたい!と思うなら、いっそこんな点にも気をつけて、徹底的に風水の世界に浸るのもアリです。 

ちなみに、今回の調査で“住まいに風水を取り入れたことによる変化”を単一回答で尋ねてみると、「良くなった」は29.2%で「変わらなかった」が68.1%でした。

およそ3人に1人しか風水による運気アップは実感できていないことには、ちょっとガッカリした人もいそうですね。

とは言え「悪くなった」は2.7%にとどまっていたので、「今の恋愛運をなんとか変えたい!」と思っているなら、思い切って風水を試してみても面白そうです。

 

  

【参考】