これ欲しかった!「お花見」でみんなが求めてる快適グッズ3選

お花見の季節になりましたね。意中の男子も参加するお花見は、距離を縮める絶好のチャンス。ここでみんなから喜ばれる、実用性の高いアイテムを持参し“デキる子”認定されれば、彼の評価もグッと上がるはず。今回は、日本ホームパーティー協会の『2017年のお花見に関するアンケート調査』をもとに、持参すべき花見グッズをご紹介します。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お花見に持参するアイテムTOP3は……

パーティ慣れしているホームパーティー好きな男女710名に、「お花見に持っていくものはなんですか?」と質問すると、TOP3には以下の回答が並びました。

3位:「お酒」「片付け用のゴミ袋」・・・71.8%

2位:「紙コップ・お皿・箸」・・・77.5%

1位:「レジャーシート」・・・84.5%

これらのアイテムは持参する人が多く、言ってみれば、せっかく持って行っても他の人も準備を済ませている可能性が高めです。

参加者の「あったら嬉しい!」を叶えれば、より“デキる子”の認定を受けることになるのです。 

今後取り入れたいアイテムTOP3は……

続いて、「今後、お花見に取り入れたいグッズはなんですか?」と質問すると、TOP3には意外なアイテムがズラリと並んでいます。

3位:「クーラーボックス」・・・33.8%

2位:「暖房器具」・・・35.2%

1位:「テーブル&椅子」・・・47.9%

かなり大型グッズが並ぶ結果ではありますが、屋外で快適に過ごすためには、それなりの準備が必要であることがわかりますね。

ならば、これらのグッズを持参して“デキる子”の称号をいただくしかないっ!  「でも、車がナイとキツそう」と不安を抱いた人もいそうですが、大丈夫ですよ。

 

お花見で“デキる子”称号をもらうための準備

もちろん、車があるに越したことはありませんが、自分が運転していくとお酒を飲めないデメリットも。

そこで、これらのグッズをタクシー利用しつつ、なるべく軽量化して持参しましょう。

(1)クーラーボックス・・・折りたたみ式のものを選び、かさを減らす

ボックス型のものではなく、折りたたみ式のタイプを選べば、女子でもバッグに入れて持って行けます。

(2)暖房器具・・・カイロやブランケットで応用

屋外にはコンセントがないので、カイロで代用。人数×2個で用意すれば、背中や腰に貼れます。さらに、ブランケットを準備すれば、ストーブを持参するよりグッと軽くなりますね。

(3)テーブル&椅子・・・小型の折りたたみ式で一体型を選ぶ

折りたたみ式なのはもちろん、小さめでテーブルと椅子が一体となっているコンパクト仕様のアイテムを選べば、非力な女子でもなんとか持参が叶います。

テーブルと椅子が一体となっているタイプは、席順にさえ気をつければ、意中の男子とぴったり隣同士で座ることもできるので、一石二鳥です。

 

お花見には、みんなが持参するグッズでは目立たないデメリットのほか、結局余って使わなかった! なんて事態も起こりがち。

だからこそ、人が持参しなさそうだけれど「あってよかった!」を叶えられれば、グッとモテ度もアップするのではないでしょうか。

  

【参考】

2017年のお花見に関するアンケート調査 – 日本ホームパーティー協会