今日のパンツ…何色?「今日はコレにしよ」下着の色選ぶ女の心境4色

いま着けている下着、何色ですか? 色は心理と密接な関係を持ち、服やメイクなど、上手に取り入れることで気分をコントロールすることも可能。今回は、NYでイメージコンサルタントとして色彩を学んだ筆者が、実際にその色の下着を選んだ女性のコメントと共に、色と心理の関係をご紹介します。あなたはどんな気分で今日の下着を選びましたか?

今日は合コンだから……“ピンク”!

ピンクを選んでいたOさんは、本日合コンの予定だそう。

Oさん「今日は合コン! 男性ってやっぱり女らしい女性が好きだと思うから、合コンの日はピンクの下着にしています。

別にすぐ見せるわけじゃないですけど(笑)、ピンクを身に着けるだけでぐっと女らしい気持ちになるから不思議!」

ピンクはやさしさ、女性らしさを表す色

柔らかい雰囲気の女性が、男性に良い印象を与えるというのは、いわずもがなですよね。第一印象が大切な合コンにおいて、ピンクの下着をチョイスして女らしさを表現するのは効果的。

合コンでなくても、イライラしているときなど、あえてピンクの下着を選んでみるのはお勧めです。

 

一年付き合っている彼と会うので……“パープル”!

Aさんは一年お付き合いしている彼とデート。そんな彼女が選んだのはパープルでした。

Aさん「彼と付き合いだしてそろそろ一年。かわいい下着が大好きな彼ですが、時にはちょっと違うイメージの私を見せたくて今日はパープルです。私が好きなのは、実はこっちなんですよね……」

セクシーさと知的なイメージを連想させるパープル

彼が好きなものを取り入れて喜ばせたいと思うお付き合い初期の段階から、一歩踏み込んで、もっと自分を知ってほしいと思う段階にきているときにお勧めなのがパープルの下着。

セクシーさをキープしながらも、知的でミステリアスなイメージも相手に伝えることができるパープルで、彼を翻弄してしまいましょう。

 

ダンスに行くから……アクティブな“ブルー”!

身体を動かすことが大好きで、とても爽やかな印象のMさん。彼女が選んだのは、同じく爽やかな印象のブルー。

Mさん「今日はダンスのレッスンがあるからブルー! 気持ちがシャキッとして、思い切り楽しめそうな気がします。ダンスの日にピンクは着ないですね~」

心をアクティブにしてくれるブルー

信頼感を高めると言われるブルー。特にネイビーブルーは、見る人に信頼と、威厳を与えることができるため、ビジネススーツとして好まれるカラーです。

そんなブルーの下着を身に着ければ、自分を信じることができます。自分を信じえて向き合えば、とても良いダンスパフォーマンスができそうですね。

 

仕事モードでキリッと……“ブラック”!

Kさんが選んだ下着はブラック。キリッとしたスーツで現れたのは今日は大事な商談があったのだとか。

Kさん「大切な商談の日は絶対ブラック! 気持ちが引き締まるのと、自分が強くなった気がするから」

権威や強さを表すブラック

職場での女性は、女性らしさを求められたり時に強さを求められたり、難しい立場を強いられてしまうのが現実です。

それでも、「今日は勝負の日だ!」という絶対に負けられない日はブラックがおすすめ。

ブラックは権威や強さを表現します。強い自分をイメージするのにぴったりな色なのです。

 

いかがでしたか? 色と心理は密接に関わりあうもの。

だからこそ、インナーウェアに色を上手に取り入れることで、停滞気味な気分を盛り上げたり、浮足立った気分を沈めたりすることだってできるのです。

女の下着は自分だけの聖域。存分に楽しみたいものですね。