男性の自尊心をくすぐるスーツのホメ方とは?

問)今日は気になる彼と初めてのアフター5デート。 今まで私服しか見たことがなかったから、初めてみるスーツ姿にドキドキ。 あなたならなんて言う?   ①「スーツ似合うね! どこの?」と聞く ②「なんか、大人の男っ…

問)今日は気になる彼と初めてのアフター5デート。

今まで私服しか見たことがなかったから、初めてみるスーツ姿にドキドキ。

あなたならなんて言う?

 

①「スーツ似合うね! どこの?」と聞く

②「なんか、大人の男って感じ」とホメる

③「いつもと雰囲気違って緊張しちゃう」とまごまご

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ぱりっとしたスーツを着ると、大抵の男性は“3割増”に見えるもの。

カジュアルな私服とのギャップにドキドキしちゃう、スーツ男子好きの女子も多いのではないでしょうか?

 

の「どこの?」は、オシャレにこだわりのあるタイプなら喜んで説明しだすワードですが、

そうでなければ、単にスーツだけをホメているように聞こえます。

(ただし、「ただの安物だよ」と言われたときに、「えー! やっぱり着る人が違うからかなぁ」という切り返しができればセーフ)

ここは、「スーツ“も”似合うね」と言っておくことで、普段の彼もホメていることになるのでオススメです。

 

“大人の男”という表現は、若い男性ほど喜ぶ言葉。

(同じく、デキる男』も使えます)

これに、をプラスすれば完璧です! まごまごする必要はないとしても、

「ちゃんと釣り合うような格好してくればよかった…」なんて、ポツリとこぼして、彼の自尊心をくすぐりましょう。

 

また、彼がスーツを着る仕事なら、あなたもネクタイの結び方を習得しておくべき。

いざというとき、「あ、曲がってるよ」なんて、首元に手を伸ばしながら接近することができますからね。

 

お泊りの翌朝、シュルシュルっと手際良くネクタイを締めてあげたりしようものなら、

彼は男としての優越感に浸りまくり!

若いうちから、お父さんのネクタイ結びで練習し、晴れの舞台に備えましょう。

 

解答 ①30点 ②100点 ③80点