みんなエロい…!「ネットで一番検索されてるエッチの体位」が明らかに

『Dangdep!』読者の皆さんは、エッチの時に変わった体位を試していますか!? 正常位や騎乗位ばかりだとベッドでマンネリ化しやすいですよね。今回、ネットで一番検索されているエッチの体位が明らかになったというので、海外情報サイト『Men’s Health』の記事を参考に紹介したいと思います!
  • Evernoteに保存

ネットで一番検索されているエッチの体位は……!?

米男性情報サイト『AskMen』の編集チームが、GoogleとGoogle AdWordsを駆使して統計を集めたところ、全米29州で、“騎乗位”が最もネットで検索されている体位であることが分かりました。

ちなみに騎乗位とは、上向きに寝た男性の上に女性が馬乗りになるポジションのことです。

29州といえば全米の60パーセントに相当する数ですが、どうやら“騎乗位”という言葉を検索したのは、男性ではなく女性の方が多いようなのです。

というのも、騎乗位だと女性が腰の動きや速さをコントロールできるうえ、挿入の位置や膣のどの辺りを突くかも選べますよね。

女性は男性と違い挿入セックスでオルガズムに達しにくいため、騎乗位で性感帯のGスポットを、どう刺激するかを検索していたという訳です。

これだけ多くの女性が挿入でイケずにいて、どうにか絶頂に達したいと研究しているということですよね。

 

ドギースタイルが第2位に!

そして、第2位にランクインしたのはドギースタイルという結果に!

ドギースタイルとは女性が四つん這いになった状態で、後ろから男性が挿入するポジションです。バックや後背位とも。

こちらの体位の検索の男女比は不明ですが、ドギースタイルも膣が締まった状態になるので、男女共にイキやすいことで知られています。

もしかしたら、ドギースタイルによる挿入で簡単にクライマックスに達せられる方法を、女性が検索していた可能性も考えられます。

 

地域によって検索される体位が異なる結果に!

そしてオモシロいことに、地域によって検索される体位が大きく異なることも判明しました。

例えば中西部のインディアナ州では、男女が上半身と下半身を逆にしたポジションでお口エッチをする“69”が一番検索され、東海岸のニュージャージー州とマサチューセッツ州では、相手の顔に乗ってお口エッチをしてもらう体位が最も検索されていたのだそう。

日本でも東京ではこのポジション、福岡ではコレっといった感じで、その地域に住む住民が興味を持っている体位が異なるかもしれませんね。

 

いかがでしたか!?

筆者的には、ネットユーザーが新しい体位を試したくて検索するのではなく、特定の体位でイキやすい方法を研究しているようだという結果が興味深いなと思いました。

特定のパートナーと研究して回数を重ねれば、必ず双方が満足いくセックスが出来るはずなので、コミュニケーションを欠かさないようにしたいものです。

 

 

【参考】