その技どこから?「聞きたくても聞けない」H中に気になってること3つ

二人の本能がぶつかり合うHという行為。愛を確かめ合うわけですから、気分を盛り下げるような言葉は伝えたくありませんよね。でも時に「気持ちいいんだけどなんか今の気になるな……」なんて思ってしまったことはありませんか? そこで今回は、H中彼には聞けないんだけど、女がひそかに気になっていることを3つご紹介します。 

その技初めてなんだけど、どこで仕入れた?

彼とはもう5年以上のお付き合いをしているMさんのお話。

Mさん「彼はとてもHが上手なんですが、ちょいちょい新しい技を仕入れて私を喜ばせてくれます。

喜ばせてくれるのはいいのですが、その技が初めて使ったとは思えないくらい極まっていて、

“あれ? それどこで仕入れたの?”とちょっと気になってしまうのです」

彼女を喜ばせようとするその姿勢が素晴らしい

確かに、今まで位置戻されたことのない技を上手に使われると

「あれ? どこかで練習済みかな?」

と心配してしまう気持ちもわかります。

でも、何年たってもHに手を抜かず、彼女を喜ばせようとするその姿勢は素晴らしいという他ありません。

釣った魚を大切にできる男性は手放してはいけませんね。

 

おっぱい触らないの、何で?

貧乳を気にするAさんのお話。

Aさん「初めのころはおっぱいにも興味を持ってくれていたのに、最近はHの間中一度もおっぱいを触らないのです。

もう完全に興味を失っているとしか思えない無視っぷりで、悲しくなります。

でも聞いてもきっと答えてくれないんだろうな……」

それでも彼が楽しめているならOK

女性の体と言えば?の答えに対し、上位1位2位を争うであろう“おっぱい”。それをガン無視されては女として気になりますよね。

でもそのせいでHの質が極端に落ちたり、回数が著しく減ったりするのでなければ、それはそれでよいのではないでしょうか?

彼はそもそもおっぱいに対する執着心が薄いだけなのかもしれません。

 

そんなに舐めて、臭くない?

最後は、彼とラブラブなSさんのお話。

Sさん「彼はとっても優しい人。自分よりも私のことをいつも優先してくれるのです。そしてそれはHの間も同じ。

彼は私が気持ちよくなるためにあらゆることをしてくれます。そのうちの一つが体中を舐めまわすこと。

気持ちはとっても嬉しいんだけど、なんか唾液が臭くなりそうで正直好きじゃないんです。

やめてもらってもいい?と言いたいところですが、彼の気持ちを考えると言えません」

彼の心意気を大切に

そもそもは別の人間ですから、好きなことが完全に一致する人などほとんどいません。

大切なのは相手を思う気持ち。

彼の気持ちを大切にしたいのであれば、多少の我慢はしてあげるのが優しさなのかもしれません。

とはいえ、ゴムを付けないなど身勝手な行為にはもちろん我慢せずはっきり彼に伝えましょうね。

 

いかがでしたか? Hはお互いの本性をさらけ出す場所。だからこそ、相手から言われた一言により理性が戻り、Hな気持ちがしぼんでしまうなんてことも起こりえます。

でも小さなことであれば、Hの快楽の中に埋めてしまってもよいのかもしれません。