「今夜は赤裸々に語ります」秘密女子会のぶっちゃけテーマはコレ!

仕事をしていても、今日はなんだかいつも以上に時間がたつのが遅い。終わった瞬間、念入りにメイクを直す。バッグにつめてきたドレッシーなロングワンピはたまらない上品さ。スーツは荷物になるから今だけロッカーにいれておく。今日という日をずっとずっと楽しみにしていた。向かう先は……女子会! 今夜の秘密女子会、ぶっちゃけテーマはコレ!

1:恋バナという名の自慢か不満

女同士の恋愛トークは、男子たちが思い描いてるよりもずっとリアルなものです。「どうせなら、かっこよくて、仕事のできるイイ男と出会いたい」だって切実な願い。

しかし、現実はそううまくはいきません。それを、ああでもないこうでもないと語り合うのって最高ですよね。いいんです、いいんです。多少えげつなくたって。男子にさえ聞かれていなければ!

「自分が今、どれだけスペックの高い男と密な関係にあるかを永遠に語りあう」(24歳/航空会社勤務)

「結婚は今すぐにでもしたいけど、今の彼氏とは絶対したくないって話」(23歳/自由業)

「イイ男はだいたい結婚しているせいで、結婚できない現実について」(22歳/飲食勤務)

どれも、話しあったところで答えが出るものではありません。自慢も不満も、所詮は自己満足の世界です。話すことで、自分の日常の振り返りにもなりますからね。女の子にとっては、今後をどう効率よく過ごしていくかを考える大事な時間なのです。 

2:小悪魔の悪口

女の子の可愛い悪口。可愛いでおさまる程度なのかは別として、どれだけ可愛い女の子だって、たまには悪く言いたい時もあります。そんな会話は決まって盛り上がり、花が咲きます。悪口というより、これは切実さを訴える会議なのかもしれません。

「勘違い男子のラインを公開して、ひたすら悪く言う」(23歳/受付勤務)

「最近都合よく誘ってきた男子の実名公開」(26歳/秘書)

「あの子は、絶対整形だよね。目とボトックスは絶対やってるねって」(23歳/自由業)

しつこくしてくる男子や、勘違いして連絡してくる上司などは、頭にきてもなかなか本人にはブチ切れられないのだから、そのストレスを女子会で発散する権利くらい女の子にはありますよね。

容赦なく実名を好評されるのも仕方のないこと。だって、愛があれば、女の子はそんなことは絶対にしません。

それから、整形の話題は切実です。社会的なテーマとも言えるかもしれません。他人への悪口は自分のコンプレックスの裏返し。皆、コンプレックスを抱えながら生きているのですから。

 

3:イマ、やりたいこと!

今やりたいこと、つまりはこれからできること。とても未来が明るくなる話題です。それによって、「今よりもっと綺麗になれるかもしれない!」もしくは「もっとキラキラした楽しい人生が待っているかもしれない!」そんな希望に満ちた会話です。

「年齢とともにつく二重顎を削りたいって話。どこの病院がいいかな?とか」(27歳/会社勤務)

「今の会社を辞めたら、どれだけ幸せになれるかを語り合う」(24歳/旅行会社勤務)

「今あるお金で、バッグ買うべきか海外旅行に行くべきか」(23歳/自由業)

女の子は、「もっとこうなりたい!」という妄想が大好き。

美しくなりたい、お金持ちになりたい、楽しいことをして暮らしたい。そして、大好きな彼に振り向いてもらいたい。女の子の妄想は尽きませんが、それらすべて、最終的には「幸せになりたい」という本質的な願いなのです。

 

男子とは理解しあえない女の子だけの秘密の会話。その中には、もっともっと人生を輝かせるためのエネルギーが満ち溢れているのです。

それが現実になるか否かは別として、楽しい時間であることは間違いありません。

だから今日も女の子は、彼に会うときよりもうんとオシャレをして、女子会に赴くのです。