初デートでもわかる!「結婚してもいい男か」テストする方法3つ

「結婚相手を早く見つけなきゃ。もうじっくり選んでいる時間はない!」そんな風に焦っている女性も多いかもしれません。なんとか早いうちから、デート相手が結婚相手として適しているか見分ける方法はないでしょうか? 今回は恋愛コラムニストの箱崎キョウコさんに「結婚してもいい男か、テストする方法」を教えていただきました。初デートから使えますよ。

1:大きな遅刻をする

箱崎「真面目な人にはちょっと難しいかもしれませんが、“初デートから大きく遅刻をする”というのは、相手の度量をはかるのにいい方法です。

こんな“さざ波”のようなトラブルで、ちょっとでもイライラしたり、ましてや帰ってしまったりするようでは、結婚という大海原に出たときに訪れる“大波”や“台風”には、とても耐えられないでしょう。

しかし、わざととはいえ、遅刻しておいて平然としていてはダメですよ。それでは相手も怒って当然。

“すみませんでした”とちゃんと謝っているのに、それにも関わらず相手の怒りがおさまる気配がないのであれば、ちょっと先を考えるのは待ったですね」

 

2:「親友が不倫しているんだけど……」

箱崎「初デートでちょっと仲良くなってきたら、“私の親友が不倫しているんだけど……”という話をしてみましょう。

この話を聞いて、“なんでそんなことできるの? 信じられないな、その子……”と、怒りをあらわにするような男性だったら、将来、浮気をする可能性は少ないでしょうね。

しかし、“そうなんだ。まぁ、そういうこともあるよな”と軽くとらえるようだと、将来その彼も浮気・不倫をしてしまう可能性が高いです。とはいえ、逆に言えば、あなたが不倫をしてしまったときに、比較的に許してくれやすい……とも言えます。

どちらのタイプが結婚に適しているか? それはあなた自身のタイプにもよるでしょうね」 

3:ゲテモノ料理を頼んでみる

箱崎「レストランを選んでおく必要がありますが、ゲテモノ料理を一品、注文することも、彼をテストするのにおすすめですよ。

“うわっ、なにこれ! 俺、こんなの食えねーよ!”と、試すこともできず、手をつけないようであれば、将来、あなたの料理が口に合わなかったとき、それも食べてくれない可能性があります。

料理の味って、家庭によってもいろいろと好みが違いますから、いくら好き同士の夫婦でも、意外とぶつかるポイントなんですよね。

“うげっ……”と言いながらも、ちゃんと食してみて、“もしゃもしゃ感が意外とうまいかもな……”など、おいしいポイントを一生懸命探そうとしてくれる彼ならば、きっと将来も、あなたの料理の味にちゃんと合わせようとしてくれるでしょう。

もちろん、作るほうも食べるほうの好みに合わせようとする努力はするべきですが、味にワガママな男性って、本当に好きなものしか食べないですから、最初にこういったテストをしてみることは、本当に重要です。

もしあなたが海外旅行などが好きなら、どこへ一緒に行っても“お茶漬け食べたい”と騒いだり、現地のものを食べず、“寿司食いに行こうよ……”などと言い出したりする可能性すらありますから」

 

初デートから、「結婚してもいい相手かどうか」テストする方法を3つ教えていただきました。筆者はひとつ疑問に感じたことがあったので、さらに箱崎さんに質問したのです。

ーー大遅刻して、親友が不倫していて、ゲテモノ料理を食べさせようとしてくるる……これは相手にとって、非常になんというか、結婚などしたくない嫌な女になってしまうのではないでしょうか?

箱崎「え……。そんなこともダメなんですか? それは許容範囲が狭いと思いますよ。そんな男性は。遅刻はそもそも怒らないか試しているのだし、親友の不倫は自分とは関係なし。そこまで世間体を気にする相手は疲れてしまうでしょう。ゲテモノ料理だって、楽しいチャレンジじゃないですか」

  

【取材協力】

箱崎キョウコ・・・育児にがんばる4児の母。「案ずるより産むが易し」がモットー。趣味はボルダリング。著書に『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』、『妄想ひとりHのススメ: 本物より気持ちいい』がある。