ただの妄想!? アラサー女子の「理想の出会いかた」が非日常的…

「素敵な彼氏が欲しいッ! 私の白馬の王子様はドコ!?」とアンテナを張っている女子ほど、出会いにも敏感。でも、敏感になりすぎると妄想の世界にまで走ってしまい、「私の理想の出会いかたを求めないと……!」と暴走してしまいがち。ワクワクコミュニケーションズの「男性との理想の出会い方ベスト10」から妄想TOP3をご紹介します。

3位:本屋で同じ本を手に……

アラサー独身女性1,000人を対象に“求める理想の出会いかた”を調査してみると、3位には189票を集めた「本屋で偶然同じ本を手に取ろうとして、手が触れ合った人が素敵な男性だった」というシチュエーションがランクイン。

まるで小説や映画のような出会いかたを望むアラサー女子も少なくない様子が、地味にうかがえます。

趣味や関心が似ている相手なら、ラブに発展してからも会話が合いそうなだけに、買いたい本なんてなくても、理想の男性と出会うための目的で本屋さんに通い詰めている女子もいるかもしれません。

 

2位:新幹線で荷物を……

続いて、2位になっているシチュエーションが「新幹線で隣の素敵な男性が、私の荷物を棚に上げてくれた」で、196票を集めています。

出張先や旅先に向かう途中、新幹線で隣り合わせた男性がタイプだと、ドキドキしちゃう女子もいますよね!

大きな荷物を棚に上げるのって、女子にとっては難関なシチュエーションでもあるだけに、手伝ってくれる男性は、まさに白馬に乗った王子様ッ……。

新幹線を利用するたびに、「今日、出会っちゃったらどうしよう!」などとドキドキが止まらない女子もいるのでしょうか。

 

1位:同じ飛行機だった彼と……

そして、1位になっているシチュエーションは「同じ飛行機の隣同士に座った素敵な男性と、旅先の観光スポットで再開した」で257票を集めています。

かなり具体的なシーンだけに、実現する可能性はなかなかに低そうな場面。

短期間に2回も偶然が重なると、「運命の相手!?」と思ってしまうのも女ゴコロですよね。

ちなみに筆者は、機材に乗り込んでから大幅に遅延した便で、たまたま隣に座った男性とシャンパンを飲みながら離陸までの間に会話が弾み、現在でもSNS友達になっています。

筆者の場合には、既婚者同士でしたし、ラブには当然ながら発展しませんが、シングル同士が同じシチュエーションで出会えば、その後のラブに発展する可能性は大いにありますよね。

飛行機に乗るたびに「今日こそ……!?」と、ドキドキが爆発しちゃう女子もいるのではないでしょうか。

 

質問! 理想の出会いかたを教えてください

以上、TOP3にはかなり運命的で非日常なシチュエーションがズラリと並びましたが、もう少し現実的な場面ではどんな出会いを求めているのか……、アラサーよりも現実を知っていそうなアラフォーシングル女子に質問してみました。

合コンより紹介がイイ!

「友人からの紹介がイイです。

合コンだと、相手の素性がわからないけれど、紹介なら共通の友人がいるから安心感が高い。

合コンだと、タチの悪い男性にも出会いそうだから、紹介のほうがいいです」(38歳・営業職)

合コンで過去に痛い目を見てしまったのか、紹介にこだわる女子もいる実態がわかります。

バツなしの相手がイイ!

「出会いかたには理想はないけれど、バツのない人がいいです。

わたしも婚歴がないので、お互いに新婚同士で結婚したい」(39歳・フリーランス)

年齢を重ねるほど、婚歴があるシングル男性との出会いも多いだけに、純然たるシングル男性との出会い自体が貴重で運命的ということのようです。

 

以上、アラサーシングル女子が求める理想の出会いシチュエーションTOP3をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

1位と2位には“乗り物”が関係する出会いが選出されていますから、新幹線や飛行機を使う場面では、密かにアンテナをビンビンに張っている女子も多そうですよね。

 

 

 

【参考】