軽く乾杯してサヨナラ…ドキッ!「退屈な女にならない方法」2つ

同じ相手と毎回会っていると、どうしてもマンネリになりがちですよね。ある程度は仕方がないにしても、いつもお決まりのパターンになっては、すぐに飽きられてしまいかねません。そこで、海外情報サイト『Lovepanky』の記事を参照に、“退屈な女にならないための方法2つ”を伝授したいと思います!

1:簡単に読めない女になる

現在筆者は、出会ってから1ヶ月ほどになる外国人男性とデートをしています。

彼の仕事がかなり特殊なことから、お互いのスケジュールを合わせるのが大変なのが難点だとはいえ、会えば楽しい時を過ごしています。

そんな彼と知り合って2回目に会おうという時に、ちょっとしたハプニングが……。

その日、彼の仕事は何時に上がれるのかハッキリ分からないところがあるため、筆者が友達と飲んでいるところに来れそうだったら来るという流れになっていました。

筆者は次の日に予定があったため終電を逃すことが出来なかったのですが、彼が到着したのは終電の20分前!

出会って間もなかったので、彼の仕事のスケジュールについてあまり把握していなかった筆者は、正直あまり良い気はしませんでした。

遅くなったことを謝った彼がドリンクを買ってくれて、軽く乾杯して筆者はサヨナラを言ってバーを後にしたのですが、この行動に彼はかなりショックを受けてしまったのだとか。

今までデート&交際した女性は、似たような状況では終電を逃してでも彼と過ごして、タクシーで帰っていたのだそう。

筆者が遅刻した彼に合わせずにアッサリと帰ってしまって、かなり彼は気持ちが凹んだものの「この人は他の女とは違うぞ!」と思ったとのことで、3回目に会った時に「あの時の行動が最高にカッコイイと思った」と言われました。

筆者が自分の意志を曲げずに、彼の予想外の行動を取ったことで「簡単に読めない女」になれた訳ですが、男女が付き合ううえで意外性って必要なようです。

 

2:たくさん友達を作って忙しい女になる

恋をしたら男中心になってしまう女性って多いですが、別れてしまったら瞬く間に自分一人になってしまうので、たくさん友達を作って忙しい女になることはとても大切です。

筆者が現在デートしている男性と出会った時に、彼は筆者の友達の多さに驚いて、特に男友達が多いことに少し嫉妬していました。

そして、週末に仕事が多い彼と会えない時は、いつも友達と楽しい予定を入れて出かけているので、筆者が何をしているのか気になって仕方がないのだそう。

こちらとしても友達が少なくて家で一人でいたら寂しくなってしまい、必要ないのに彼にLINEを送ったり、なかなか会えないことにヤキモキしたりしていたかもしれません。

ところが、友達がたくさんいて忙しい女になれば、自然と恋愛中心の生活から遠のくことが可能です。

また、交際相手には「放っておいたら、どこかに行ってしまいそうな感覚」を植え付けることが可能なので、“いつも捕まる退屈な女”にならずに済みます。

男は仕事で忙しいものです。

そんな彼と都合がつかずに会えない時は、ドンドン楽しい予定でいっぱいにすれば、そんなあなたと会うために、彼が何とか時間を作ってくれるようになるのではないでしょうか。

 

いかがでしたか!?

つい女は、好きな男性のために自分を変えて合わせたり、男&恋愛中心の生活になったりしがちです。

そうなると、完全にあなたを手に入れたと確信した彼が飽きを感じ始めるので、簡単には読めない忙しい女になるよう意識してみましょう。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

 

【参考】