エッチ中断!男が「体位変えたい」と思ったときに送るシグナルとは

愛する男性とのエッチ、様々な体位を駆使して楽しんでいるカップルも多いことでしょう。しかし、エッチの最中に「ちょっと体位をチェンジしようぜ!」なんて言葉にするのは無粋ですよね。世の中の男性たちは、言葉ではなく、“あるシグナル”で体位の変更を彼女に伝えているのだと言います。それは一体どんなシグナルなのでしょうか?

1:「ちょっと休憩」と言って抱きつく

「正常位にしろ、後背位にしろ、体位を変えたいなと思ったら、“ちょっと休憩”って言って、彼女の身体に抱きつきますね」(Aくん、26歳/会社員)

自分で身体を動かすのに疲れたり、「そろそろ別の体位を楽しみたいな」と感じたとき、Aくんは“動きを止め、彼女に抱きつく”というシグナルを出すのだと言います。

「休憩」=交代要求である

「休憩って言うと、女の子が察してくれて、“じゃぁ、私が動こうか?”と騎乗位に移行したりしますね。ずっと動いているのって疲れますし、適度に“交代”したいですよね」(Aくん)

男性が体位を変えたいと思う理由の一つに、“疲れる”という原因があります。エッチの動きって、かなり体力を消費するものなのです。

つまり男性がエッチの最中に「ちょっと休憩」などと言い出したら、それは暗に「オレ疲れたから、お前が上になってくれよ」と要求していると言っても過言ではありません。

「じゃぁ、横になって」と言いながら、彼に跨るのが正解です。

 

2:動きをゆっくりにする

「僕の場合は、動きをゆっくりにして、女の子に“そろそろ違う体位試そうよ”って暗に伝えていますね。いきなり動きを止めるんじゃなくて、ゆっくりと停止する感じですね」(Bくん、24歳/営業)

エッチの最中、自分の身体の動きをスローダウンさせて、“体位を変えたい”という意志を女性に伝えているというBくん。一体どういうことなのでしょうか?

女の子に「どうしたの?」と思わせて…

「女の子も、動きが途中で遅くなると“どうしたんだろう?”って思うはずなんですよ。だからそのときに、“体位変えよう”って伝えるとスムーズなんです」(Bくん)

今まで気持ちよくエッチしていたのに、男性の動きが遅くなった……。女性の側からすれば「どうしたんだろう?」と思いますよね。そのタイミングで「体位変えたいな」と言われれば、「なるほど、そういうことね」と、自然な感じで“次の体位”に移れます。

エッチな雰囲気を壊さないようにしつつ、自分の要求を相手に伝える、男性のテクニックなのでしょう。

エッチの最中、彼の動きが少し変わってきたら、「体位変えたいのかな?」と彼の意図を感じ取ってみてください。

 

3:無理矢理ひっくり返す

「言葉なんていらないですよ! 無理矢理ひっくり返しますね!」(Cくん、27歳/男性)

なんともワイルドな回答をくれたCくん。「違う体位を試していいかな?」なんて、告げるのは男として“軟弱”であり、有無を言わさず、“腕の力で彼女の姿勢を変えるのが正しい”と考えているのだとか。

無理矢理のほうが喜ばれる?

「無理矢理な感じで体位を変えると、意外と女の子が喜んだりするんですよ。正常位でエッチをしているときに、無理矢理ひっくり返して、後背位にする。それで興奮する子も多いんです」(Cくん)

Cくんの経験上、シグナルを出すよりも、強引に彼女の身体を動かすほうが、エッチは盛り上がるのだとか。Mっ気のある女性には、Cくんのような力強いエッチが好まれるのかもしれません。

“乱暴なエッチが好きではない”という女性は、その旨をあらかじめ男性に伝えておきましょう。Cくんのような男性が相手だと、エッチの最中に無理矢理身体を掴まれたりする可能性があるので。

 

いかがでしたか?

男性が「体位を変えたい」と思ったときに見せるサインや行動は様々です。いくら彼とのエッチが気持ちいいからといって、それに没入せず、男性の気持ちを読み取るくらいの理性は残しておいてくださいね。

 

>www.nissan-ask.com.ua
https://nissan-ask.com.ua>www.nissan-ask.com.uawww.nissan-ask.com.ua<>www.nissan-ask.com.uahttps://nissan-ask.com.ua>www.nissan-ask.com.uawww.nissan-ask.com.uawww.nissan-ask.com.uahttps://nissan-ask.com.ua>www.nissan-ask.com.uawww.nissan-ask.com.ua<>www.nissan-ask.com.ua
https://nissan-ask.com.ua>www.nissan-ask.com.uawww.nissan-ask.com.ua<