「●●が大きい男性とのエッチってどんななの?」実際に聞いてみた

女性のバストやヒップの大きさは、服を着ていてもある程度分かりますが、男性のアソコのサイズは裸になってもらわないと判別できませんよね。脱いでビックリ!なんてことも……。今回は海外情報サイト『all women stalk』の記事を参考に、“アソコが大きい男性とのエッチ”について、女性たちの告白を紹介します。

ペットボトルは入らない~!

アメリカに住んでいた時、仲良くしていた友達のなかに、アフリカ系男性が好みだという日本人女性が何人かいました。

筆者は、アフリカ系男性とは交際したこともエッチをしたこともないのですが、彼女たちの話を聞く限り、とにかくサイズが巨大な人が多いようです。

ある友人が関係を持った男性の一人は、最終的にペットボトルほどのサイズになり、あまりの大きさに彼女はたじろいでしまったのだとか!

「さすがにペットボトルはムリ……」と思いつつも、恐る恐るトライしたところ、なかなか挿入できないし何とか入っても痛くてピストン運動は不可能で、結局エッチを断念する結果に。

筆者もそこまでビッグなムスコを持つ人とは出会ったことがなく、なかなかお目にかかる機会がなさそうなので、一度見てみたいと思ってしまいました。

そして、ペットボトルを見ると、時々彼女の話を思い出しまうことをつけ加えておきます。

大きすぎで悲しくなる男性を見て罪悪感……

男にしたら、ムスコは小さいよりも大きい方が良いに決まっているのでしょうが、デカすぎるあまりエッチ自体が出来なかったら、辛い思いをするのではないでしょうか。

前出の女友達は、何回か似たような状況を経験したことがあり、その度に相手の男性は「今回もムリだったか……」といった感じで悲しみに満ちた溜息を漏らしていたそう。

彼らは、大きすぎるムスコを恨めしく思っているようだったのだとか。

そんな男性を目の前にすると、「まあ、私は悪くないんだけど……」と思いつつも、エッチ出来なかったことに妙な罪悪感を感じてしまったと言っていました。

ポジションを研究する必要が!

挿入不可能なほど巨大ではなくても、ジャストサイズとは言えないほど大きい場合は、エッチの時に動きやすいポジションを確保する必要が!

自分が痛みを感じないように、挿入時のスピードや角度なども工夫しないと、アソコが大きい男性とのエッチは楽しめないようです。

そして、あまり動きが激しくてスピードが速いとしんどくなってくるので、その辺を彼にきちんと伝えて、お互いが快感を得られるようにコミュニケーションを取らなければなりません。

アソコのサイズって、「大きければ良い」という訳ではないと言えそうです。

 

いかがでしたか!?

脱いでビックリ、アソコが大きい男性とのエッチも、色々と苦労があるんですね……。

こればかりは、いざ相手が裸にならないことには分からないことなので、小さくて大きくても対処できるようにしておきたいものです。

 

 

【参考】