「もう会社辞めたい!!」理不尽な上司へのストレスを回避する3つの方法

意味もなくキレてきたり、パワハラ全開の上司がストレスで会社に行きたくなくなるのは当然です。自分の地位を利用して、理不尽なことを言う大人は世の中にたくさんいます。そんな上司に悩まされるなんて、心も体もボロボロになってしまいます。少しでも、ストレスを緩和できるように。頑張る女子に贈るストレスを回避する方法をご紹介します。

1:言いたいことは2割にする

ついつい、できる人はできない人にイラっときちゃうものです。しかし、上司なんだから、経験がある分できて当然。自分のやり方だったり、イメージしたものが実現しないと、部下にあたりちらす上司は人に求めすぎ。それでも言いたいことを全部ぶちまけてもいい関係は築けないし、余計に荒立ててしまいます。

だからと言って、自分の意見を心に溜め込んでしまうと、心のキャパがオーバーしてしまいます。自分が過ごしやすい環境をつくるためにも、言いたいことは2割にしておくことがポイント。怒りを感じないように、相手を穏やかな気持ちで見守ってあげましょう。一歩譲ってあげる精神こそ、あなたを救います。

 

2:自分の逃げ道を塞がない

徹底的に追い詰めてくる上司は心のない人間です。必ず、いつか痛い目に合うから、今はそっとしておきましょう。追い詰められても、ひとりでどうにかしようと頑張りすぎる必要はありません。あえて、自分から逃げずに戦うことは逆効果を招く可能性があります。

そんな時こそ、家族や恋人と過ごすたわいもない時間を大切にしたり、ひとりで誰もいないところでおもいっきり発散してみてください。休みの日に、お気に入りの映画をみたり、音楽の力に癒されたり。逃げ道はたくさんあります。日常の楽しみ方を塞がないように。気持ちをしっかり切り替えて、おもいっきり解放するのです。相手は変えられないけど、自分は変えられますからね。

 

3:とがめない

いくら理不尽でも相手をとがめていいことはありません。人間は誰しも、欠点を持つもの。相手を責めてばかりでは、せっかくの自分の良さが消されていってしまいます。理不尽な上に自分の素質まで奪っていくなんて、許せないですよね。しかし、こればかりは自分で阻止するしかないのです。

どれだけの打撃を受けても、自分の良さを増やし続けることです。それには、忍耐力も継続力も想像力も必要になります。今こそ、あらゆる自分の力を発揮する時なのです。上司との戦いなんて、時間の無駄。これは、自分との戦いだと思って上を向くしかありません。所詮上司。他人です。いつか、別れがきます。しかし、自分とは一生の付き合いです。どれだけ有意義に時間を使うかは自分次第なのです。

 

いかがでしたか?

夜の後は必ず朝がくるように、永遠に辛いことは続きません。今が辛くても、それを乗り切る力を試されていると思って今を乗り越え、明るい未来を手にいれましょう。どんな時も笑顔でいられた、きっとその笑顔に救われる人がいるはずです。苦しいのは自分だけではないということを心に留めて、誰かのためになっていれば日常に光は戻ります。