誰でもできる「人とは違う!」ベッドでのちょいモテテク6つ

ベットでのモテテクといってもエッチが上手いどうのこうのではなく、相手に対してちゃんと気を使えているかどうかなのです。エッチが下手でも6つの気使いができれば彼はあなたにメロメロ! これを読めば今夜からでも「人とは違う」ベットでのちょいモテテクができます。なにも恥ずかしいことではないですよ。相手を少し気遣うだけ! 意外とみんなできていないんです。

ゴムをつける際

ゴムをつけている最中、見られると恥ずかしいという男性は多いもの。そんなとき女性はどうしたらいいのか。

1:触ってあげる

男性はゴムをつける際にまじまじと見られるのは嫌だという人が多いんですよ。そんなとき、女性はどうしたらいいか。さりげなく彼の気持ちいい場所を触ってあげられたらいい女。

2:布団に隠れる

自分から触る恥ずかしい人は、男子がゴムをつけているときは男性をあまり見ないで布団に顔をうずめたりしたらいいんじゃないでしょうか。

布団に隠れる姿は恥ずかしがっているようで可愛いですし、男性も見られるよりかはいいはずですからね。

 

エッチ中

エッチ中、自分が気持ちよくなることばかり考えるのではなく相手のことをちゃんと気遣える女になりましょう。

3:汗を拭いてあげる

エッチ中、男性はかなり体を動かすので汗をかく人が多いでしょう。近くにタオルを用意しておいて拭いてあげるといいですね。

タオルが用意できなった場合はさりげなく手で汗を拭いてあげましょう。

男性側は汗が垂れると視界が見にくくなることもありますからね。

4:気持ちいを言葉で表現する

これは少し恥ずかしいかもしれませんが、気持ちいときはちゃんと気持ちいと表現するのも大事。

ちゃんと言葉にしなければ伝わらないことってありますからね。男性側はもしかしたら痛いんじゃないかとかただでさえ不安なことが多いですから。

気持ちいときはちゃんと「気持ちい」と言いましょう。

 

エッチ後

エッチが終わったらすぐに寝てしまってはいけません。相手に気を使わなければならないことが一番多いときなのです。

5:服をたたんでおく

エッチをする際に脱いでちらばった服。エッチ後、男性がシャワーを浴びに行った際なんかに、素早くたたんでおいてあげましょう。

布団も少し綺麗に直しておいたほうがいいですね。ホテルだからって適当にしすぎないこと、これ、“愛され女子”になるには、大切です。

6:水を用意しておく

特に男性はエッチでものすごく体力を使います。喉が渇いたと男性が言う前に水を用意しておきましょう。

ホテルで用意してある水は高いですし、ホテルに入る前に必ずペットボトルの水を買っておくようにするといいですよ。

 

どうでしたか? どれも単純なことかもしれませんが意外と気を使えていない人って多いと思います。

彼を喜ばせるお口や手のテクニックも確かに大切ですが、簡単なようで意外とできていないことの多い相手に対する気遣いを意識することが、ライバルと差をつけるポイントとなりますよ。