同性からも賞賛の嵐!? あざといけど…「可愛い」評価を受ける女子像

同性からは嫌われがちな“あざとさ”。では、同性に「ないわ~」と思われるあざとさと「この程度なら理解できる」あざとさののボーダーラインはどのあたりだと思いますか? 健康美人の「“あざとい!”と思う女性って? アンケート」をもとに、同性からも「可愛いッ!」と認められる“あざとい女子”の典型像に迫ります。

同率2位:相手が喜ぶツボを知っている

416名の女子に「同性でも“あざと可愛い”と思う女性は?」と質問をしてみると、18%が選び2位になっていた選択肢は3つで、1つめは「相手が喜ぶツボを知っている」です。

目の前にいる相手が、何をすれば、あるいは何を言えば喜ぶのかを心得ている女子は、「あざといなぁ」と思われると同時に「でも、可愛いなー」と評価される様子。

それだけ観察力があるということですので、賢さも垣間見えますよね。

 

同率2位:可愛く写る角度を知ってる

また、同じく18%が選び2位になっている2つめの特徴が、「可愛く写る角度を知ってる」です。

写真を撮る際に、どんな構図にすれば自分がもっとも可愛く写るのかを熟知し、モデルのごとく完璧なポーズを再現するスキルは、「あざといけど、可愛い!」の称号を得やすい模様。

どうせ写るなら可愛く写りたいのは、多くの女子に共通する願いですし、納得ですよね。

 

同率2位:周りを笑顔にする天然

さらに、同じく18%が選び2位になっている3つめの特徴は「周りを笑顔にする天然」です。

天然系キャラは、相当に高度なテクを持っていないと自然体には見られませんが、周りが思わず微笑んでしまう可愛らしさを持った天然キャラだと、「あざといけれど、可愛いんじゃない!?」と評価を得られる様子。

狙ってもなかなか成功しない女子もいるだけに、高いスキルがうかがえる技術です。

 

1位:フワフワしている様で芯がある

そして、同質問に対して32%の女子が選び1位になっている特徴は「フワフワしている様で芯がある」でした。

ふわっとしたキャラづくりをしているものの、しっかりと芯がある面も時折見せる……。

いわゆる“ギャップ萌え”を狙ってのキャラづくりかと思われますが、同性からは意外と高い評価を得られるようですね。

 

結論! 女友達を敵に回さない“あざと可愛い”女子の典型像

以上のことから、女友達からも賞賛されやすい“あざと可愛い女子”の典型像は、次のキャラクターを兼ね備えた女子になります。

(1)写真撮影のキメ顔を持っている
(2)天然キャラなのに他人が喜ぶツボを心得た言動で周りを笑顔にする
(3)ふわっとした雰囲気なのに時折芯のある様子を見せる

こうやって並べてみると、愛されキャラの女子像が浮かび上がってきますよね。

“あざとさ”があっても、周囲への気配りを忘れずちゃんと女子っぽい面も兼ね備えていると、「あの子は、あざと可愛い」と高評価に繋がりやすいのではないでしょうか。

 

以上、同性から見ても「可愛い!」と思われるあざとい女子の特徴をお届けしましたが、いかがですか?

あざとさを身に付けたいけれど、女友達を敵に回したくないかたは、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

【参考】