イケメンのお尻がッ…!? グアムのマル秘シュノーケルスポット

グアムは「ホテル前のビーチと免税店、ショッピングモールぐらいしかお楽しみがナイ……」なんて誤解していませんか? 実は、日本人が少なくイケメンマッチョなお尻に出会えそうなマル秘シュノーケルスポットもあります。日本人が少ない場所に行きたい人にもイチオシ。年に3回はグアムに行く筆者が、在グアム邦人の大江康啓さんに伺いました。

日本人が少ない穴場ビーチもまだまだある

グアムの海といえば、ホテル街の前にある“タモンビーチ”のイメージが強い読者も多いはず。

しかし、グアム島のなかには日本人観光客が少なく、現地のミリタリーやロシア系観光客が好んで訪れるビーチもあるのです。

ネットが発達し、情報社会になっている昨今であっても、まだまだ多くの日本人ツーリストが未開拓なビーチは残されています。

もし、女子旅でイケメンマッチョな人たちと出会いたいのでしたら、そんなビーチに足を伸ばしてみるのもアリ。

では、どんなスポットがオススメなのでしょうか? 大江さん、教えてッ!

 

1:イナラハン天然プール

大江「グアム島の東側、地図で見るとホテル街と反対側になるんですが何とものどかな天然のプールである“イナラハン天然プール”は日本人観光客がなかなか行かないスポットです。

レンタカー利用でないと行けないいんですが、のんびりできて、いい場所です。

最近はガイドブック等にもチラホラ載っていますが、基本的に車を使わないといけないので日本人観光客は少ないですよ。

家族連れもいますが、カップルも楽しめる場所です。

そして、たまに、犬が泳いでます」

イケメンマッチョなワンコのお尻まで拝める可能性があるなんて……! ワンコ好きな女子にはたまらないビーチではありませんか?

 

2:アプラ湾ファミリービーチ

大江「ここは、手前味噌になるんですが私の経営するパラダイスアクアがあるビーチでもあります。

海軍の敷地内にあり湾のなかでもあるので、一般のかたはまずいない場所です。

そして、海の透明度は抜群で、皆さんが知っている、遠浅でナマコばっかりの海とはまったく違います」

ネイビーに会いたい女子にとっては、期待高まるパラダイスなのです。鮮やかなブルーのビーチは、「ココはグアム!?」と驚いてしまう日本人も少なくないはず。

では、シュノーケルマニアな人にイチオシな理由は?

大江「熱帯魚がいっぱいいるので、ここはマニアでも時間を忘れてシュノーケルできる場所ですよ。

実は、ここは、当社の送迎バスが出てまーす!(笑)」

自力で訪れるのが難しいと感じたら、大江さんの会社に連絡してツアーを申し込む方法もアリですね。

その際には「『Dangdep!』見ました!」とお声かけしてみてください。

 

以上、グアムでイケメンマッチョと出会いたい女子にイチオシのシュノーケルスポットをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

次回のグアム旅ではぜひ、思い出してみてくださいませ。

 

 

【取材協力】

大江康啓・・・グアムのビーチアクティビティを提供する代表取締役。Paradise Aqua Corporation Prisident    Michihiro Oe.