女が夢見るけど「実際にされると冷める」男のナルシスト行動4つ

女子っていつまで経っても男性との素敵な恋に夢を見てしまいます。ですが、夢と現実は全くの別物。妄想の中でされたい“あんなこと”や“こんなこと”も実際にされると引いてしまうということも少なくありません。ではどんな行動が夢の中だけでありうることなのでしょうか? 実際にされたら冷めてしまった女性たちの意見を聞いてみました。

1:車でドアを毎回開け閉めする

「ドライブデートに行ったときに、毎回乗り降りするときにドアを開け閉めしてくれたんですよ。気持ちは嬉しかったけど、正直そこまでしてくれなくても、自分でやった方が楽だし……。それにドアを開けるために必死に急いでる姿は全然スマートじゃなかったなぁ」(Iさん/30歳)

車に乗るときにはドアを開けて待っていてくれる。車から降りるときはドアを開けて手をとっておろしてくれる。こういう行動ってお嬢様が執事にされていたりするのをドラマや漫画などでみて憧れたコトがある人も多いのでは。

ですが、特別なデートの日でもない日に毎回こんなことをされると、実際はガッカリな感じになってしまうのかもしれません。

 

2:バッグを全部持つ

「前に付き合ってた彼が“女に重たいものは持たせない”って言うのが心情だったっぽいんですけど、私が普通に持ってる小さ目のバッグまでいつも取り上げられて。ちょっとハンカチ出したいなって時とか出せなくて困りました」(Uさん/29歳)

重たい荷物を代わりに持ってくれるというのは、嬉しいエスコートです。ですが、自分の貴重品が入っているバッグまで持たれるのは違うかも。

さらにUさんはこの姿を女友達に見られた際、「彼氏にカバンまで持たせてるの?」と言われて非常に恥ずかしかったそうです。

 

3:ペットボトルを開けてくれる

「彼との初デートで公園を散歩していました。“ちょっと喉が渇いたね”って話になってペットボトルの飲み物を買ったんですけど、開けて飲もうとしたら“ちょっと待って、開けてあげる”って……。いやいや、ペットボトルくらい自分で開けられるよって思いました」(Eさん/25歳)

ペットボトルも開けられない女性って……。逆にこんな細かいところまで気を回されるのはちょっと違いますよね。

両手がふさがっていて、開けられない状態ならまだしも、普通のときにペットボトルを自由に開けられないのは窮屈にさえ感じそうです。

 

4:箸を割ってくれる

「今の彼がご飯を食べにいくと割り箸を割ってくれるんですよ。でも、なんか馬鹿にされてる気がしてならないんです。どう思います?」(Yさん/30歳)

もうここまでくると、子ども扱いされているとしか思えなくなってきてしまいますね。

男性の方がお節介を焼きたいタイプだと、なんでもかんでも「俺に任せろ!」的な行動にでるのかもしれませんが、大人の女性に対してやってしまうと、逆に失礼な行動もあるとわきまえて欲しいものです。

 

いかがですか? あなたは彼氏からこういう行動をされたらどう思うでしょうか?

どれも一度くらいならされて嬉しいかもしれませんが、毎回になると色々面倒そうですよね。仲良くなったら、「そこまでしてくれなくても自分でできるよ」と彼のプライドを傷つけない方法で断った方が、気が楽になりそうですね!