おったまげ~!? 「バブルな雰囲気」コーデをダサくしないコツ3つ

平野ノラさんやブルゾンちえみさんなど、お笑いの世界を中心に、バブルっぽい雰囲気がリバイバルしている昨今。トレンドに乗っかるついでに、バブルを生き抜いた“おったまげ世代”の年上男子を狙ってみてはどうでしょう!? バブル世代を意識したモテ狙いのアイテムはどうやって取り入れていくべきなのか、人気スタイリストの上村鮎美さんに聞きました。

1:スカーフ

バブル世代と言えば、スカーフ。

キャビンクルーのような首巻きファッションが、一世を風靡しました。しかし、イマドキにおいてスカーフを首巻きするのはややダサいッ!

ならば、どうすればいいのか?

上村「オススメは手首に巻く使いかたです。首に巻くと、それだけでバブルっぽくなってしまうので、大人カジュアルを意識して、小さめのスカーフを腕に巻くのもいいですね。

バッグにつけるポイント使いも素敵です」

なるほど。バブルを意識しつつダサく見せないためには、スカーフはポイント使いがカギですね。

 

2:ピンヒール

「バブルと言えばピンヒール」というくらい、あの頃はあっちでもこっちでもピンヒール女子が出没しまくっていた時代。そのせいもあってか、おったまげ世代の男子は、女子のピンヒールに、無条件の女っぽさを感じる人も少なくありません。

でも、イマドキはスニーカーなどカジュアル目の靴がトレンドだけに、ピンヒールをファッションに取り入れるのって、難しい……! 上村さん、どうすれば!?

上村「定番の黒エナメルピンヒールだと、いかにもバブル風になってしまい、おったまげ男子は魅了できても、ややダサめな仕上がりに……。

そこで、ダスティピンクなど流行りのカラーにチェンジしましょう。くすんだ色味のダスティピンクは今年のトレンドなので、流行を意識したコーデになりますよ」

トレンドもバブリーさも両方取り入れるためには、カラー選びがカギですね!

 

3:ゴールドのアクセサリー

バブルと言えば、ゴールド! 「シルバーなんて地味~!」とでも言いたげな、ゴージャス系ゴールドアクセサリーが流行りました。おったまげ世代の男子の中には、ゴールドのアクセサリーが“ゴージャス女子”の証だと感じている人も!?

でも、大ぶりなゴールドのアクセサリーって派手すぎたり、お水っぽくなってしまったりと、オシャレな印象になりにくいイメージもありますが……。

上村「バブル時代に流行った“ごついチェーン”ではなく、華奢なデザインを選ぶと、一気に今年風になります。

細いチェーンなど、シンプルなデザインを選べば、おったまげ男子を魅了しつつトレンドも意識できますよ」

ゴールドは夏にぴったりのカラーですから、これからの季節は取り入れやすいですよね。

華奢なデザインなら今風の仕上がりにしつつ、おったまげ世代男子からのモテ度アップを狙えそうです。

 

以上、40代以上のおったまげ世代男子を虜にしつつ、今年のトレンドも意識できる方法をお届けしましたが、いかがでしょうか。

まだまだ現役なおったまげ世代男子を捕まえれば、あの頃のバブリーな空気を感じられるかもしれませんね……!

  

【取材協力】

※ 上村鮎美(かみむらあゆみ)・・・文化服装学院服装学科卒業。企業広告やCM、雑誌を中心に活躍中。スタイリッシュで斬新なのに上品なスタイルづくりに定評がある。にて2002年からスタイリストアシスタント。2004年からスタイリスト。