【愛情プラス…?】「本命にしたい」と思わせるベッドでの駆け引き

みなさんは、ベッドでの振る舞いに自信がありますか? 今回は、『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者、箱崎キョウコさんに「本命にしたい!」と思わせるベッドでの駆け引きを教えていただきました。やはり大切なのは愛情。 それプラス……?
  • Evernoteに保存

1:髪の毛をなでてあげる

箱崎「“不器用なので、男の人を上手にさわってあげることができません”という悩みをもった女性は多くいます。そんな人は、難しく考えず、まずは彼の髪の毛をなでてあげましょう。

コツとしては、かわいいペットを、やさしくなでてあげるような感覚。ゆっくりと、愛情をこめて、やさしい気持ちで。

寄り添って寝っ転がっているときもできるし、膝枕してあげながらやってあげるのもいいですね。

性的な快感とはちょっと違いますが、こういう“愛情を感じる快感”を与えてあげると、“この子との時間を大切にしたいな”と思ってもらえますよ」

 

2:裸でギューっとくっつく

箱崎「ふたりとも裸になった状態で、ギューっとくっつくのも、すごく効果的です。胸など、女性の女性らしい部分を、思いっきり体感してもらえますよね。

そして、ギューっとくっつくことのもう一つの利点は、じつはこれ、“焦らし”にもなるんですよ。じつはピターっとくっついている状態って、それ以上、なにもできないんですよね。できても、相手の背中をさすれるくらい……。顔を見ることすら、あまりできません。

女体を思いっきり感じさせて、耳元で“大好きだよ”などと吐息まじりにつぶやけば、“この子をもっとほしい!”と思わせる効果が期待できます。合わせ技で先ほどの“髪をなでる”も使えますよ。

“もっとほしい!”という気持ちがどんどん大きくなれば、“本命にしたい”につながりますね」

 

3:一瞬、無視する

箱崎「ここまで、ラブラブな感じのテクをご紹介しましたが、光があれば影がある。なにごとも陰と陽のバランスが大事です。

エッチの前、エッチ中、エッチの後……、どこのタイミングでもいいですが、自分ひとりの世界に入り、相手のことを無視してみてください。

あまりしつこいとおかしいので、一度無視し、“ねぇッ!”と言われたら、ちゃんと反応する感じで。

ベッドをともにするということで、男子は相手を手に入れたつもりになります。その満足感を与えすぎてしまうと、“飽き”がくるので、本命として追いかけ続けられたいのであれば、“手に入っていない部分”を見せる必要があるのです。

一瞬、無視されたことで、自分以外のなにかに気をとられているように感じますよね。その一瞬も手に入れたいがため、相手はさらにあなたを求めるようになるのです」

 

「本命にしたい!」と思われるベッドでの駆け引きをご紹介いたしました。ラブラブからの一瞬、無視……。筆者は男性ですが、確かにこれは気になってしまいそうです。ぜひ、実践してみてくださいね。