いいことづくめの「短文LINE」で既読率↑スルー率↓

意中の男性にLINEでメッセージを送る際、「どうしよう、どうしよう」と文面を迷っていませんか? ところが女性の意に反して、実は男性は、よく練られた長~い文面をもらうより、ポンと短いメッセージをくれたほうが圧倒的にありがたいのだそうです! 一体それはどういうことなのでしょう? 筆者周辺の20代男子にその理由を教えてもらいました。

1:気軽にチェックしてもらえる

「長いLINEのメッセージは読む前に身構えちゃうんで、短い文面のほうが気軽にチェックできていいですね。文章読むの苦手なんで、LINEで長文が送られてくるとゲンナリするんです」(Aくん、26歳/会社員)

長文より既読が付きやすくなる

あなたが、他の誰かから長文のLINEを送られてきたときのことを思い出してみてください。何行にも及ぶ文章を見ると、それだけで面食らってしまい「なんだかめんどくさそうだなぁ……」と思いませんか?

それと同様に、女性から長々としたメッセージが送られてくると、男性は「えっ、重そう」と感じてしまい、LINEに既読をつける勇気が湧かなくなってしまいます。

一方で短いメッセージの場合、チラっと見るだけで内容を把握することができますし、気軽に返事をする気持ちになりやすいのです。

長いLINEよりも、短くて気軽なLINEのほうが男性は、女性と“やり取りをしよう”という気になりやすいのでしょう。

 

2:既読スルーが減る

「長いLINEだと、しっかり読んでから“あとで返事をしよう”と思うから、返事が遅くなりやすいんですよね。その結果として、既読スルーしちゃうことも少なくありません。僕、忘れっぽいんです」(Bくん、27歳/団体職員)

「あとで返そう」と思ったまま……

女性から長いLINEが送られてくると、男性はその文章を一目見て「読むのめんどくさいから、あとで対応しよう」と判断します。長いメッセージは読むだけでも“労力”がかかるので、彼が仕事や飲み会の最中だと、後回しにされることが多いんですね。

その結果、男性は女性からLINEがきていることを忘れてしまい、結果的に既読スルーになってしまう……なんてことが多くなるのでしょう。

意中の男性の既読スルーがメンタルに与えるダメージは甚大です。それを避けるためにも、文面は短くして、彼が“片手間”でも返事できるようなLINEを送るようにしてくださいね。

 

3:すぐに返事がきそう

「“今なにしてる?”みたいな短いLINEが来ると、僕が返事をした後、すぐに女の子から返事が送られてくるような気がして、スマホを持ったまま待機しますね。長文だとそんなことはないです」(Cくん、26歳/会社員)

会話がポンポン繋がるかも!

女性から短いLINEが送られてくると、「すぐに返事がきそうな気がする」そう答えてくれたCくん。送られてきたLINEの文面が短いと、LINEでのやり取りが“チャット”のように感じられ、スマホを目の届くところに置いたまま、女性からのさらなる返事を待つのだといいます。

確かに、誰かとポンポンLINEを送り合うときって、それぞれ短い文章を送り合うことが多いですよね。“ポンポン送り合える”という状況が、気軽な感じでやり取りを進める原動力になっているのでしょう。

「最近、元気してる? 前に会ったの3か月前だし、また久しぶりに飲みに行かない?」なんて文章も、思い切って「最近、元気?」だけにしちゃいましょう。そっちのほうが、男性も気軽に「元気だよ!」と返してくれます。

その後も、「前飲んだのいつだっけ?」と、短いLINEで会話をつなげていけば、彼とポンポンLINEを送り合うことができるようになるでしょう。

 

いかがでしたか?

「長々と文面を考えていて、彼にLINEを送るタイミングを逃してしまった!」なんていうのは、一番意味がありません。

長いメッセージを数回しか送れないよりも、短いメッセージをたくさんやりとりしたほうが、親密さは深まる気がしませんか?

メッセージの内容なんてそんなに気にする必要はないので、彼にLINEを送る際は、サクッと短い文章を送りつけちゃいましょう。