「2番目のオンナ」が男たちを虜にする

今年も残すところあと少し。年末の国民的行事でもあるクリスマス&忘年会シーズンですね。そんな浮かれたイベント時期を目前に、まったくお相手のいない男女は、「合コン」や「飲み会」で今年最後の出会いにカケているのではないでしょう…

今年も残すところあと少し。年末の国民的行事でもあるクリスマス&忘年会シーズンですね。そんな浮かれたイベント時期を目前に、まったくお相手のいない男女は、「合コン」や「飲み会」で今年最後の出会いにカケているのではないでしょうか。

 

では、合コンや飲み会をセッティングするときの、一番大事なポイントって何だと思いますか?

CanCam的なモテ服を調達するコト? 前日に美肌パックを入念にすること? むだ毛処理!?

もちろん。お手入れや準備はしておいたほうがいいけれど、実は一番大切なコトはそれではありません。なんとか男性をゲットしたいなら、『女子サイドのメンバー選び』へ力を注いだ方が早道なのです。

 

いえ、メンバーと言っても、かわいいメンバーを集める必要はありません。

あなたよりキレイな女のコを“1人だけ”調達すればいいのです。

女のコが合コンメンバーを選ぶとき、わざわざ『自分より可愛いコ』『自分よりイケてるコ』を選んだりしませんよね。これは、普段どんなに心優しい女のコであっても、自分より可愛い女の子なんてすべからく敵』です。

 

わざわざ、自分がくすんで見えるようなステキ女子を周りに置きたい女子なんて、いないというのが本当でしょう。

 

ところが、コレが落とし穴。

『1番カワイイ子は、誰からも狙われない』んだそうです。

 

「合コンや酒の場でイチバン人気なのは、2番目のコなんだよね

「1番キレイでかわいい女のコに飛びつくのは、大抵KYな男だから(笑)

(32才・男性)。

 

どうやら、男性たちからぶっちゃけ話を聞くと、「みんなが2番目に可愛かったコを狙っていて誰も落とせなかった」という話しが続々。これ、人日常茶飯事らしいです。

これだけ沢山の男性が狙ってくれるなら、土下座してでも2番目になりたいもの!

確かに子供の頃、勉強もスポーツも万能で顔もカッコイイ男子って、クラスに1人はいましたよね。彼のコトを好きな女子たちは、ファンクラブとか作っちゃって、どこか微妙にKYな女子だったかも。

結局、たくさんの女のコが狙っていたのは…、スポーツができてちょっぴり面白い2番目に人気のある男の子だった気がしあす。

 

というわけで。合コンを開くなら、自分より可愛いコを“1人だけ”用意するのが得策です! そして自分は“2番目”の席で男のコたちがハンティングしてくるのをお待ち申し上げる、というのがベストかと。