もう離れられないっ…!「エッチ中毒にされちゃった」彼のテク3つ

体の相性って人によって全然違います。多少性格の不一致があっても、エッチが気持ちよすぎて別れるに別れられないということも実際に存在します。エッチの相性は先天的なものもありますが、”男性の側のテクニックの問題”ということも十分にあり得るでしょう。女性たちが中毒にさせられちゃって離れられなくなったテクニックとはどんなものなのでしょうか?

1:とにかくずっとされて……

「元彼と別れられなくなったのが、エッチのせいでしたね。それまでの彼ではそんなにエッチが好きではないくらいだったんですけど、元彼は全然違いました」(Yさん/28歳)

ーーどこが凄かったんですか?

「テクニック云々って言うより……本当に何度しても元気なんですよ。それまでの彼は1回したら休憩って感じだったのに、その彼の場合はすぐに次が始まるから、こっちも落ち着く余裕がなくて」

ーーすぐに2回戦、3回戦ですか?

「そうなんです。一回終わると一旦落ち着いて、その間にこっちも快感が薄れてくるじゃないですか。あれが全然ないから、途中から頭が真っ白になる感じでしたね」

頭が真っ白になるまでなんて、相当長い時間だったのでしょうね。彼が一回で満足しちゃう……という人には羨ましい話ではないでしょうか。

 

2:何度も何度も焦らされて……

「昔付き合った彼が焦らすのが好きな人で、散々焦らされて泣きましたねー」(Kさん/30歳)

ーー泣いたのに中毒に?

「あれってなんなんでしょうね。焦らされてる間はもう変になっちゃって、相手に泣いて懇願しちゃうのに。しばらくするとまたあの感覚が恋しくなるんですよ」

ーーそれは焦らされる感覚ですか?

「いやー、どうなんだろう。焦らされる感覚と言うよりは、焦らされた後やっと……の方かもしれないです。しかもやっとしてくれたと思ったら、今度はエンドレスだから、もう声も枯れるほどでしたよ」

なんだか凄まじい感じがしますが、こんな風に焦らされ続けるというのはかなり中毒性がありそうです。

 

3:彼の目を見るだけで……

「今でも不思議なんですけど、彼に催眠?みたいなことをされて、最終的には彼に目を見つめられるだけで気持ちよくなっちゃってました」(Aさん/29歳)

ーーえ? それってエッチの最中ですか?

「いいえ、違います。最初はエッチしながらだったんですけど、癖付けみたいにされちゃって。最後は外で普通にカフェにいるときでも、彼が気持ちよくさせようとしながら見つめてくると体が勝手に……」

ーーすごいですね! でも日常生活では支障がでそうな気が……。

「まぁ、彼も社会人で常識はあったので、そこまで変な場所でってことはなかったんですけど。それでもあの感覚は忘れられないですね。パブロフの犬みたいな感じだったのかな?」

見つめられるだけで触れられていないのに……。これは想像しているだけではわからない感じなんでしょうね。一体彼が何をしたのか気になりますが、こんな風にされちゃったら、嬉しいですか?

 

中毒になるほどのエッチ体験を聞いてみましたが、あなたがやられてみたいことは入っていたでしょうか? こんな風に気持ちよくしてくれる彼との性格も合えば、絶対に結婚まで至りそうです。

そんなに世の中うまくできていないのが悲しいところですが……。