コンビニ入って何してる?「金遣い荒い女」認定されるNG行動4つ

コンビニって24時間開いているし、食べ物から文房具まで何でも揃っていて本当に便利ですよね。ですが便利すぎて、ついつい依存してしまっていませんか? 毎日の習慣になってしまっている何気ない行動が、お財布にボディブローのように効いてくるのです! 今回は、彼氏に「この子、金遣い荒いのかな……」と思われてしまうコンビニでの行動を4つお届けします。

1:目的なく入る

「“とりあえずコンビニ寄る?”みたいなことを言われると、“あぁ、また無駄なモノ買っちゃうんだろうなぁ”って気がします」(Eさん/30歳)

――その発言ってどういうところで聞きます?

「会社に行く途中で出会った女性の同僚と会社に向かっているときとか、同じく帰り道とかですね。もう習慣になっちゃってるんだろうなって」

こんな風に「○○が欲しい!」という状況でもないのにコンビニに寄ってしまうというのが、ある意味一番のコンビニ依存症とも言えるかもしれません。特に欲しいものがないのなら、コンビニに入ること自体を控えるべきなのかも。

「飲み物が欲しいから」と言ってコンビニに寄って、飲み物以外を買ってしまうというのも、コンビニあるあるなんですよね……。

 

2:新商品をとりあえずチェック

「この前女友達と遊んでるとき、俺が飲み物買いにコンビニ入ったらついてきて、後ろになんか持って並んでるんですよ。“あれ? 何かあった?”って聞いたら、“みたことないチョコレートがあったから。美味しそうじゃない?”って」(Fさん/26歳)

――チョコレート、ダメですか?

「いや、チョコレートが食べたくて、チョコレートを買うためにコンビニに入って買ったならわかるんですけど。そんなつもりなかったのに、新商品だからってとりあえず飛びつくのはどうかと……。そんなことしていたら、いくらお金があっても足りないでしょ」

コンビニの商品って、入るたびに変わっている気がしますよね。しかも、気になっていたものを「また今度でいいや」とスルーすると、次の時にはなくなっていることも。だからこそ、目についた時に買いたくなってしまいます。

女性だって、新商品は全部買うわけではなく、その中で本当に気になるものを買っているだけなのでしょうが、“とりあえず新しいモノをチェックする”という発想が男性にはあまりないのかもしれません。

 

3:ワンコイン雑誌を買う

「コンビニに入ってワンコインの雑誌を買っちゃってる女性を見ると、勿体無いなぁって思います」(Wさん/27歳)

――ワンコインの雑誌って、魅力的なのが多いですよねえ。

「そうなんですけどね。だからこそ、せっかくならちゃんと本屋に行けばいいのにって。本屋さんの方がやっぱり専門的な本も売ってますし、“今すぐ時間をつぶさなきゃいけない”とかじゃないなら無駄遣いに見えます」

コンビニは、本棚も行くたびに新しいモノが置いてあります。しかも、ちょっと知りたかったことがまとめて書かれている本があると、つい手に取ってしまいたくなりますが……。

しかし、ワンコインだからといってホイホイ買っていると、すぐに2,000~3,000円は飛んでいってしまいますね。本当に必要な情報のみにとどめるべきなのかもしれません。

 

4:時間外でもATMを使う

「急な出費があるわけじゃないのに、休日とかにわざわざコンビニでお金下ろしている人をみると、計画性ないのかなって疑っちゃいます」(Kさん/31歳)

――時間外手数料の件ですか?

「そうです。時間外手数料って本当に無駄だと思うんですよね。平日の昼間なら絶対にかからないのに。それを気にしないってことは小さいことを気にしないってことで。そういう人って知らないうちに財布からお金がなくなってるって感じなんじゃないかと」

確かに、手数料って結構高いんですよね。一般的な銀行口座なら、お金をおろすだけで108円、土日や夜間は216円取られてしまいます。それを月に4回行ったとすると……432~864円。

これをイタイ出費と思うかどうかは人それぞれですが、無闇にやっていいことはなさそうですし、せっかくなら毎週金曜の昼の手数料がかからない時間におろして、その分500円貯金をすればお金もたまりそうです。

 

どこにでもあって便利なコンビニ。だからこそ使い方次第ではどんどんお金を吸い取られてしまう場所でもあります。

コンビニは人の心理をよく考えた商品陳列をしてあったりするので、知らない間に罠にはまってしまっている人も多いはず。

一度利用方法を見直して、キッチリお金を管理できる女だというところを、彼に見せつけてやりましょう!