全て筒抜けです!被害者たちが語る「職場恋愛でやめてほしいこと」4つ

「彼(彼女)との出会いは職場だった」という男女が後を絶たないぐらい、“職場”は男と女が出会う鉄板の場所。しかし、そこはそもそも仕事をする場所なわけで、中には“職場恋愛に困らされた”という被害者たちもいるわけです。今回はそんな被害者たちの話を混じえた、“職場恋愛でやめるべきこと”を4つご紹介します!

NG1:仕事中にラブ満開の社内メール

「ちょっとだけ同僚と付き合ったことがあるんですけど、仕事中なのにLINEでプライベートの話がガンガンくる。場所をわきまえてほしい」(26歳男性)

「社内メールを使って“今夜どうする? 俺はもう燃え上がってるけどね(ハート)”というメールが彼から送られてきた瞬間、別れようと思いました」(28歳女性)

まず鉄則中の鉄則が、職場(仕事)に恋愛を持ち込まないということです。

基本的に仕事時間外であっても、職場にいる限り恋愛感情を表に出すべきではありません。

また、社内メールを私用に使うのももってのほか。場合によっては、そういったネット界隈を管理している社内の人に、全て筒抜けの可能性も……!

 

NG2:二人の関係を社内の人間に話す

「社内でも仲の良かった友達に付き合っていることを話したら、その2ヶ月後に略奪されてしまいました」(24歳女性)

「同僚だった元カノは、僕たちの関係を社内の誰かれ構わずに話す子だったんです。さすがにデートの話までされたときはもう無理って思いました」(29歳男性)

またこちらも鉄則ですが、二人が恋愛関係にあることは、どんなに親しい同僚であっても、社内の人には秘密にしておくべきです。先述したエピソードのように、他の人に奪われるきっかけになってしまうかも……!?

職場は恋愛だろうとなんだろうとプライベートは持ち込まない場所ですので、基本的に「結婚報告を上司にする」ぐらいのレベルの付き合いでなければ、彼との関係を秘めておくのが何よりです。

NG3:退社時間や有休の取り方に配慮しない

「うちの部署に社内カップルがいるんですが、揃って有休取られるとものすごく迷惑ですし、応援する気も失せます」(27歳女性)

「いつも有給を同じタイミングで取っているからバレバレ」(32歳男性)

「退社時間になった瞬間“●●く~ん、今夜はフレンチがいいな~”とかオフィスに響く声で彼に喋りかけた女性社員は、別部署に飛ばされました。さんざん同じ部署に恋人や夫婦は入れられないって説明されてたのに……」(30歳女性)

いくら周囲に二人の関係を告げていなくても、退社時間や有休取得日がいつも同じだと、わりとすぐに周囲にバレてしまいます。

特に同じ部署の人間が有休を一緒に取ると、話のネタにされたり、先述したエピソードのように片方が別部署に飛ばされるきっかけになったりするので要注意。

会社を出るまでは仕事モードでいましょうね。

 

NG4:同じ職場で恋愛を繰り返す

「同僚とばかり付き合っている女の子は、男性社員の間ではビッチ扱いされています」(28歳男性)

「職場の男性のほとんどが元カレという強者がいました」(25歳女性)

「新卒で入った会社に、部署の男全員と関係を持った女性社員がいたという伝説があって、ちょっと興奮した(笑)」(28歳男性)

元カレが何人も職場にいるなんてことにはなっていませんか?

同じ職場(部署)内で、次々に相手を変えて付き合うのはあまりおすすめしません。

先述したエピソードの通り、誰が誰と付き合って別れたかという噂は裏でしっかり共有されていますし、同じ職場(部署)内でそういう噂が立ってしまうと仕事の評価にも響く恐れがあります。

もし同じ職場(部署)内でお付き合いを繰り返したいなら、徹底した秘密厳守にする覚悟を持たないと大変なことになりかねないことを忘れずに。

 

“職場恋愛”には様々なメリットがある分、しっかりプライベートとの線引きをしておかないと、一気に自分の評価や信用を落としかねません。

ぜひ今回の記事を参考にして、楽しい“職場恋愛”ライフを送って下さい!

しかしそれにしても、ご紹介したエピソードの「部署の男全員と関係を持った女性社員」は、今もまた、他の会社で各部署を制覇しているのでしょうか……(笑)?