あなたをだんだん好きになる!恋に落ちる「催眠LINE」の送り方3つ

片想いの相手とLINEを続けているけど、なんだか進展がないというか手応えがないというか……そんな感触を覚えたことがありませんか? 好きな人とLINEをするとき、漠然とやりとりを続けていてはアウト! 今回は恋愛催眠術師の筆者が、恋に落ちる「催眠LINE」の送り方を指南致します。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:3日やりとりしたら1日休む

LINEのやりとりの、第1の罠は、LINEの頻度に隠されています。

好きな人とLINEをするのは誰しも楽しいもの。トークがくれば、「すわ!」と画面に食いついて、たちまち既読をつけてしまいます。

もっとやりとりしたい!という気持ちから、あっという間にコメントを返している女性も多いハズ。

しかし、送ったLINEに即返信すると、明らかに気があると思われ、彼からのLINEを待ち望んでいたという気持ちもバレバレになってしまいます。

すると、彼はあなたのことを、付き合っていなくても「自分のモノ」と錯覚してしまうのです。

なかなか手に入らないものを追いかける性質がある男性にとって、この事実は、あなたに対する興味を半減させる作用しかありません。

予想外の行動をすると……?

たとえ、毎日LINEをやりとりできる相手であっても、用事がない限りLINEでの無駄話のやりとりは、“3日送ったら1日休む”のが正解。

既読も、つけたり、つけなかったりと、不規則さを演出し、彼にとっての予想外の行動をするよう工夫しましょう。

わかりきったものには興味がわかず、未知のものに惹きつけられるのは人間として、男性としてのサガなのです。

 

2:今何をしているか教える

「今、何してた?」

LINEのやりとりでは、ごく普通の会話の切っ掛けとなる、この文章ですが、相手にさほどの興味がなければ、わざわざ「今、何してた?」とは聞きません。

つまり、聞かれないということは、ちょっぴり脈ナシの予感……。しかし、そこで素直に引き下がってはいけません! 今、何をしていたかということは、別に聞かれなくても、言ったって良いのです。

なかなか聞いてもらえないのなら、あなたから積極的に、ちょっとしたことは教えてしまいましょう。

あなたを鮮明に思い浮かべるのです……

毎日、LINEのやりとりがあるような仲良しの相手なら、お互いに今何をしていたのか聞き合うこともあるかもしれませんね。

とはいえ、必ずしも100%本当のことを教える義務もない、というところがポイントですよ。

「今、本を読み終わったところなの! ○○くんは?」

というLINEで、ちょっと知的な自分を演出しつつ相手の動向を探るのも良いですし、

「今、お風呂出たところなの!」

と、無邪気に見えるLINEで、思いっきり色気を演出しても良いでしょう。

どのパターンでも、相手の男性は「今、○○してた」というLINEで、あなたがそれをしている場面を鮮明に思い浮かべるコトができます。

思い浮かべた結果、入浴シーンや、部屋でリラックスしながら、もしかしたら色っぽい部屋着で本を読んでいた様子などを想像してしまうわけです。

【注目の記事】LINE・キス特集「好きでもI Love You♡」

 

3:ハートマークは1日1個だけ

あなたは、男性とのLINEにハートマークを使いますか?

使った方が良いのか、使わない方が良いのか……ということについては諸説ありますが、相手の男性を惹きつけたいなら、これは使ったほうが良いというのが筆者の意見です。

なぜなら、男性は基本的に、彼らの目線で「恋愛関係に発展することができそう!」と思える女性に対して、惹かれるものだから!

ハートマークで恋愛が有利になる方法!

壁が高く、とても自分になびいてくれそうもない女性に対しては、男性は恋愛感情を抱くようにできていません。

「どうせ相手してくれないんだろうな」と思える女性より、「うまく話をもっていけば、相手にしてもらえそう!」と思える女性のほうが有利なのです。

但し、ハートマークは多用すると、「ハート付けとけばいいと思ってるブリッコ」とか「ボキャブラリーが少ない」というふうに受け取られることも。

ハートマークは1日1個程度の使用にとどめましょう。

 

催眠LINEで気になる人との距離を縮めよう!

ここでご紹介した、どのLINEテクにも、相手の男性に命令することなく、自然とあなたのことが気になるように仕向ける催眠テクニックが潜んでいます。

ひとつひとつ丁寧に実践して、気になる人との距離を縮めてくださいね。