もう…あなたナシでは眠れない?グゥ効く「催眠おやすみLINE」3つ

あなたは、好きな人に“おやすみLINE”をしていますか? このおやすみLINE、使い方によっては好きな人の気持ちを「めんどくせえオンナ……」って、あなたから引き離してしまう危険物! しかし、上手に使えば彼を惹きつける催眠LINEに激変するんです。今回は恋愛心理カウンセラー・催眠術師の筆者が、最強のおやすみLINEの作り方を伝授します!

1:明日の応援を!

朝早い……。おはよう!の時間がきつい。

これは、(夜勤以外の)ほぼほぼ全ての社会人が抱えているつらさと言えるかもしれません。

もちろん、夜勤彼には夜早い(?)というつらさもあり、みんな何かしら、「明日の大変さ」みたいなものを感じながら、寝床につくわけですね。

そんな中で、寝る前に明日の応援をしてくれるLINEは実際本当に、みんなの力になっています。

「明日も頑張ろうね」

「明日も早いのかな? ファイト!」

等々、女性からこんなおやすみLINEをもらった日には……。

「彼女を抱きしめたくなる」

「付き合っていなくても、自分のことを思ってくれてるんだなって心が温かくなる」

という男性陣の声を、実際に筆者もよく耳にします。

付き合っていなくても……というところに、片想い女子の可能性をも感じますね! 脈なしかなぁ、と感じていても、上記のように送れば一気に「脈あり」な感じに逆転できるかも!

本当に好きな人にだけ、送りましょうね。

 

2:「眠い」を表現するスタンプ

LINEでのやりとりの中で、眠いことを伝えたいとき、あなたはそれを相手に、どのように伝えていますか?

もちろん、「眠くなっちゃった!」など文字で伝えたり、ハートマークなどを付けてかわいくしたりも良いですが、それよりもおすすめはスタンプ。

スタンプというのは不思議な存在。

LINEでは、あなたが自分を投影してスタンプを使用しているのと同じく、受け取り手のほうも、スタンプにあなたを投影します。

すると、文字だけのものと比較して、圧倒的にリアルに、あなたの存在が、目の前で眠たがっている、フニャっと脱力している様子が相手に伝わっていきます。

スタンプひとつで、「自分の前でこんなリラックスした姿を晒してくれている!」という心理をかき立てることができてしまうんです。

その想像が、相手の男性に、あなたに対して「弱々しい」「守ってあげたい」「たまらなく愛しい!」という気持ちをもたらしてくれます。

「眠い」を上手に表現するスタンプを、是非手に入れておきましょう。

 

3:早く会いたいな♪

おやすみLINEの最後、「じゃ、おやすみ」の前に送りたいひとことが、「早く会いたいな!」という言葉。

最近なかなか会えていない時や、2~3日後や、明日にデートを控えているときなどに、待ちきれない!という想いを伝えるこのセリフがとても効果的です。

LINEを受け取る男性側は、「オレに会いたいと思ってくれている」と、まず素直に喜びます。

さらに、寝る前という時間柄、ベッドの中に入ってから、会った後のことをゆっくりと想像できるんです!

想像の時間は、普段忙しい生活の中はすぐに目の前の仕事に持っていかれてしまう部分もあります。寝る前だからこそ、相手の時間をあなたにぐんと惹きつけるいいタイミングですね。

「次に会ったら何しよう? あんなことして、こんなことして、もしかしてそんなことまで!? やだなあ、よせよ……」

そんなたくましい男性の想像力を目一杯に利用しちゃいましょう!

 

返信がなくても相手を責めないで

寝る前のLINEは楽しいものですが、いわゆる“寝落ち”になってしまうこともあるし、疲れ具合によっては返信することさえ面倒と感じることもあります。

これは男女お互い様!

疲れているときに、「なんで返信くれないの?」なんてLINEが届いては、元気が出るどころか疲れが倍増。

いつも返信をくれる彼とのLINEが、既読スルーや未読スルーになっているのなら、疲れてるんだな!と理解してあげて。

明日の朝、昨夜のおやすみLINEを見るのも、またキュンとするものですよ!