賢者タイムはクリアしても…!? 「朝に幻滅」される女の特徴4つ

エッチの後の賢者タイム。男子が饒舌になったり、雄弁になったり。性欲をとっぱらった彼の本性はこれか……と興味深く観察して、やり過ごしている人もいることでしょう。しかし、次の日の朝、待ち受けているのが「寝起きタイム」。ここで幻滅されてしまう女子も意外と多いのです。今回は、「朝に幻滅」してしまったエピソードを男子たちに聞きました。

1:「ラブラブ」ぶりに嫌気

「昨夜まではセクシーだったんだけど、朝起きたら打って変わってラブラブな彼女みたいな雰囲気を醸し出してきたのが嫌だった。そういうギャップ求めていない! せめて、次のデートから徐々に……という感じがよかったな。なんか冷めたの覚えています」テッペイ(仮名)/26歳

賢者タイムはいつまで続くのか?

セクシーからのラブラブでギャップを狙ったけど大撃沈……。女子はエッチしちゃうと、その後ついラブラブしたくなっちゃうものですが、男子の賢者タイムは寝起きまでも継続しているのでしょうか? 気をつけたいところです。

 

2:「朝のエッチ」で飽きた

「朝起きて、もう1回したんだけど、それでなんか全部手に入れた感があったというか、飽きますね。だいたい夜、朝とやりたくなるんですけど、なぜか朝は断られらた相手のほうが、その後、長く続きます。“もう1回したいのに……”というのがモチベーションになるのかな」トオル/27歳

やりすぎ注意!?

これもある意味、「朝もラブラブ」パターンですね。エッチで「手に入れた感」が出てしまっている男子をさらに引き付けるには、また一回離れたほうが効果的なのでしょうか? まったくラブラブしないのも変ですが、いろいろな意味で“やりすぎ注意”なのがエッチ後のようです。

 

3:朝には「ケバい」

「夜は良くても、朝見るとちょっと……な女子っていますよね。なんかケバめっていうか。たとえ寝る前に化粧を落としていてスッピンでも隠しきれないケバい感というか。服とか髪とか、ニオイとかしぐさとか。“夜はいいけど、朝はちょっと似合わないな……”と思ってしまったことはあります」ケイジ(仮名)/30歳

デートの戦略をよく考えましょう!

夜に映える衣装や化粧は確かにあります。勝負の日にはキメキメで行きたいところでしょう。ですが、デートが朝まで続く場合は……? 本命が相手だったら先の先まで考えて、デートコースや着る服、メイクなどの戦略を練ったほうがよさそうです。

 

4:寝起きが「ワガママ」

「朝早く目が覚めたらしく、起こされたんだけど、無理だから寝たんですよ。そしたら僕が起きないから相手も二度寝したみたいなんだけど、今度はこっちが起きて起こしても、全然起きない。ペースが合わなすぎ。

寝起きってこっちもワガママになっているのは否めないけど、だからこそ、相手のことをワガママと思っちゃいましたね。でも、そういう状態でも合わないような相手だと、先はないかなぁ……と」ミチアキ(仮名)/25歳

どうしても好きならば……?

これはお互い様な感じもしますが、寝起きプラス「もうエッチもしたし」ということで、男子の気遣いがかなり下がっている感は否めません。無理に合わせる必要はないでしょうが、相手が本命だったら、「この子、ペースが合うなー」と思わせるようにがんばってもいいかもですね。

 

賢者タイムはクリアしても、朝に幻滅される女の特徴をご紹介しました。どうしても「エッチ前は男が努力、エッチ後は女が努力」になりがちな恋愛ゲーム。しかし、バランスをうまくとって振る舞えば、また追ってきます。上記も参考に、上手に男子をコントロールしてくださいね。