時間のムダです!デートに誘われても「本命ではない」サイン3つ

彼との関係を進展させたいのに、何だかまったく前に進んでいないような気がする時ってありますよね。イマイチ彼が自分に本気になれないのなら、出来るだけ早くその兆候を読み取って、時間をムダにしないようにしたいところ。そこで、彼からの“本命じゃない“サインを3つ紹介することにします!

1:いつも会うのが「ついで」な感じ

もし彼が、いつも飲み会や友達と出かけている時に「●時頃に終わりそうだから、この後会わない!?」と誘ってきて、会うのが“ついで”な感じだったら要注意!

女性の中には、彼と二人で出かけたのなら、どんな内容でもデートだと思ってしまう人がいるようですが、このパターンはデートなどとは呼べません。

「君に使うエネルギーはないよ」のサイン

明らかに彼は、あなたに対する努力や投資を、極力ミニマムに抑えようとしていますよね。

自分の出先であなたが都合よく来てくれれば、彼は待ち合わせ場所や時間を考える必要もなく、移動の手間すらかかりません。

しかも、それが夜だったら、そのままラブホや家に連れて帰ればエッチができちゃう訳で。これぐらい楽な“デート”ってないですよね。

いつも彼と会う時に“ついで”な印象を受けたら、あなたは彼のためにエネルギーと貴重な時間をムダにしているサインです。

 

2:「たまに」優しくしてくれる

自分のことを本気で好きな男性は、必ず定期的に連絡をくれて、毎週末デートをするのが当たりまえといったパターンになるハズ。

いつ彼と会えるのか不安になる……という感覚を、まったく味あわないものです。

「他にも気になる女がいるよ」のサイン

対して、あなたにイマイチ本気になっていない男性は、連絡が頻繁になったと思ったら音沙汰がなくなったり、急に優しくなったと思ったら素気なくなったり、言動に一貫性がありません。

この場合、他にも気になる女性がいる可能性大で、そっちとイイ感じになったらあなたをないがしろにして、他の女と上手くいかなくなったらあなたに優しくなるのです。

一度彼に優しくされた経験があると、その優しさを期待して、彼に冷たくされても女性は簡単に相手を切ることができません。

その気持ちは分からなくはないですが、言動に一貫性がないホット&コールドな男に時間を費やしても、良い結果にならないと思った方が賢明です。 

3:きっかけ作りは「いつも」自分

毎回LINEを送るのもデートに誘うのも、いつも男性である必要はありません。

筆者が毎週末一緒に飲んでいる外国人の男友達多数は、「女性がLINEを送ってくれたり、デートに誘ってくれたりしたら嬉しい。いつも僕ばかり働きかけるのは大変だから」と言っているぐらいなので、たまには女子から行動するのは問題ありません。

しかし、いつもLINEを送信してトークのきっかけを作るのがあなたで、どうにか会おうと働きかけるのもあなたなら、彼のために時間をムダにしているサインです。

「とくに君のことを想ってないよ」のサイン

どんなに忙しくても、彼があなたのことを想っているのなら、なんらかの行動があるハズ。

あなたからLINEを送れば彼から返事は来るし、あなたが会いたいと言えば、‟ついで”で彼に会えたとしても、それでは十分ではありません。

ズルズルと煮え消えらない関係が続くだけで、彼があなたに本気になることはないでしょう。

 

いかがでしたか!?

彼と連絡を取って会い続けていれば、「いつか彼が夢中になってくれるはず……」と期待するのは甘い考えです。

上に挙げた3つのサインのうち1つでも該当するのなら、しばらく彼とは距離を置くべき。

あなたが距離を置くことで、彼があなたを追いかけたくなる可能性は少なからず残っています。

彼を諦めきれないのなら、とりあえずはキープして薄くつながり、他の男性にも目を向けるようにしましょう。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!