もぅ抱きしめたいッ!彼女にされた愛おしすぎる「ヤキモチ」行動3つ

彼に対して嫉妬はしてしまうけど、それを口で伝えるのはなんだか“重い女”と思われそうでイヤだ……。大体の女の子がそう思っているのではないでしょうか。「ヤキモチ妬いてるのー!」と伝えたいけど、かわいさといじらしさも忘れたくない。そんな時にこそ是非使って欲しい、彼が萌えまくる行動たちをご紹介しましょう!

1:スタンプ攻撃

「彼女の嫌いな僕の会社の女性スタッフと、ある案件で話し合いをしなきゃいけないと彼女に伝えたんですよ。

そしたらむすっとした顔で、“話し合い中にLINE送りまくって私の存在気付かせてやるー!”って言ってたんですけど。みんな僕に彼女がいるの知ってるんですけどね(笑)」(32歳/福祉関係)

周りも公認のかわいい彼女がいるRくん。にも関わらず、彼女にはあまり好きではない女性スタッフがRくんの会社にいるようで、そのスタッフとの会議があるときはいつも機嫌を損ねるようです。

スタンプだからこそかわいい!

「当日、話し合いの時間になっても特に連絡もなかったので、冗談だったのかなーと思い15分経過。そしたら急に携帯がぶるぶると鳴り出して、もしや……と思って見てみたら彼女からスタンプ攻撃がありました(笑)。しかも連続で30個くらいだったような……。

行動かわいすぎてニヤニヤしてたらスタッフに怪訝な顔で見られましたけど、まぁスタンプだからこそ許せる行為かもしれませんね」

同じしつこさでも、スタンプだとかわいく見える不思議。これが「私その子嫌い!」「話さないで!」のようなLINE攻撃なら印象はまた違ってくるでしょうね。

 

2:「私かわいい?」

「僕の彼女は、僕が彼女のことを美人だと思っていると分かっているはずなのですが、綺麗な人がテレビに出たり、僕が好きそうな女性が通ったりすると、チラッとこっちの反応を見てくるんです。まあ、僕は知らないふりをしてます(笑)。

本当は気にしてるのに、それを言えないみたいでこっちの様子を伺ってくるのがかわいくて」(29歳/IT企業)

彼が他の子に目が行ってないか心配なHくんの彼女。どうやら中々「気になるの」とうまく伝えられないようです。

満足したドヤ顔に萌え

「僕はあまり外見とか気にならないというか、彼女以外に対してあまりかわいいとか綺麗とか思わないんですけど、ある日デートしてた時に、彼女的にすごく美人で僕がタイプそうな女性がいたようで。

そしたら急に、“ねえねえ! あの人と私とどっちがかわいい?”と僕には理解できない質問をしてきたのですが、迷わず“〇〇以外かわいい子なんていなーい”と答えたら、めっちゃドヤ顔でスパゲティを続けてもぐもぐ食べていました(笑)。どうやら僕の言葉を聞いて安心したかったようです」

「あの子のこと見たでしょ?」とか「どうせ私はかわいくないよ」発言よりも「どっちがかわいい?」と聞ける素直さがすごいです。

返ってきた彼氏の答えに満足する純粋さもまたポイントが高いのでしょうね。

 

3:独占欲は見せてもOK

「彼女と夜、まったりダラダラしてた時なんですけど、僕の携帯にメッセージが入ったんですよ。

時間も遅かったので誰かなーと思って見た時に、彼女も“だれー?”って聞いてきたので、“なんか最近付きまとってくる会社のパートのおばあさん。旦那さんが先月亡くなったらしいんだけど、それから猛アタックしてくるんだよね”って話したんです。

そうしたら彼女が“へぇ。おばあちゃんもまだまだ元気ねぇ”って言ったんですよ。まぁおばあさん相手だし、ヤキモチ妬くわけもないかーと思って」(37歳/経営者)

人妻やらおばあさんになぜかモテるというOくん。心配なさそうに見えて実は一番の肉食女子たちに好かれているかもしれません。そりゃあ彼女も少しは心配になりますよね。

無邪気なところにキュンっ!

「そしたら翌朝、なーんか体に違和感があるなぁと思って見たら、おへそのあたりにでっかい文字で、“〇〇(彼女の名前)のもの! さわるな!”と書いてあったんです(笑)。一瞬何がなんだか分からず戸惑ってたら彼女が知らんぷり(笑)。

なるほどヤキモチ妬いてるんだと理解した僕は、“おへそなんかに書いても誰も見えないよー。顔にでっかく書かなきゃ”と言ったら、はっと気が付いたように彼女が“そうだった!”って。ちょっと抜けすぎですよねぇ」

口で伝えるのは重い言葉でも、落書きのようにするだけでも全く捉え方は違うのです。彼女にそんなかわいいいたずらされたら、キュンとしますよね。

 

筆者も思わず「かわええ〜」と思ってしまったヤキモチ行動。

本当はヤキモチ妬かれることが嬉しかったりする男性たち。伝えた方だけをちょっと工夫したら、ヤキモチだって愛おしいものになれるのです。