毎日の積み重ねで愛をはぐくむ…彼が喜ぶ「LINEの話題」3つ

仲良しのカップルの中には、LINEでほぼ全ての連絡をとっているカップルも多いことでしょう。でも、毎日連絡していると「連絡する内容」に困ってしまうことも。大好きな彼氏とLINEをしていたいけれど何と送ればいいのか……。毎日同じネタだと飽きてしまうし、彼氏に面倒なLINEと思われるのもイヤ。そこで今回は、彼が喜ぶ「LINEの話題」をご紹介します!

1:嬉しかったこと・楽しかったこと

「今日は●時に起きて、仕事へ行って、仕事では●●をして……」のように、グダグダと一日の報告をすると、読むのも大変で彼氏も疲れちゃいます。

けれど、お互いの今日のポジティブな話題を共有するのは楽しいものです。そこで「嬉しかったことや、楽しかったこと」をピックアップして連絡をし合いましょう! 彼氏もあなたの様子を知ることができて安心するはず。

また、彼氏からも「嬉しかったことや、楽しかったこと」の連絡がくるようになったら、ちょっとした幸せのお裾わけのような気分で嬉しいものだと実感できます。

 

2:デートの計画

LINEを“コミュニケーションツール”としてよりも“連絡手段”としてとらえている男性は、「次回のデートの計画」などの話題だと必要と感じ、ストレスなくLINEを続けやすいようです。

次に行きたいと思っている場所の情報をURLや画像と共に共有できるのも便利なところ。楽しいデートの計画もできて、LINEのネタにも困らないので鉄板ですよ!

ただ、あまりに細かい話になるとLINEで文字を打つのも大変になってしまいますので、大まかに計画するのもポイント。

 

3:お役立ち情報

彼氏と共通の趣味や、興味関心があることに関する“お役立ち情報”を送ってみましょう。

例えば「好きな作家さんの本が発売されたよ」「●●がセールはじめたよ」「あの俳優さん、今度新しい映画にでるらしいよ」など。ちょっと嬉しい情報だと、より楽しくLINEを続けられますよ。

共通の関心事のネタがない場合は、「明日は暑くて35度らしいよ」「風邪が流行っているから気を付けてね」など、相手を気遣う内容でもOK! 彼があなたからのLINEを楽しみにしてくれたら素敵ですね。

 

新たな内容を追加

毎日「おはよう」や「おやすみ」といった挨拶LINEをするのも、「私たち、恋人同士だなぁ」という感じがして楽しいものですが、毎日同じだとそのうち飽きてしまいますよね。

そんなときは、ご紹介したようなテクニックも織り交ぜましょう。毎日新鮮なメッセージを送ってくれるあなたとのLINEを、彼氏もきっと喜んでくれるようになりますよ。

電話にも応用可能

またご紹介したネタは、電話にも応用できます。電話や、LINEの通話で会話が詰まってしまったときにも使ってみてくださいね。でもあんまり連絡しすぎると彼氏も大変なので、適度な回数にとどめるのも大事!

 

いかがでしたか?

せっかくこんな便利なツールがある時代に生まれたのですから、うまく活用して、彼との愛をぐんぐん育てていきましょう!