2回目デートで!男が「この子は本命にしたい」と思った瞬間4つ

お互い慎重なタイプだったのか、初デートは様子見な感じで終了。しかし、迎える2回目デートは正念場になりそう……ここで初デートと同じペースになってしまうと、“いつまでも進展なし”のリスクもありますからね! 今回は男子たちに「2回目デートで“本命にしたい”と思った瞬間」を聞きましたので、参考にしてください。

1:“色っぽさ”があった

テッペイさん(29歳)の2回目デートでキュン

色っぽいファッションで、「キスしたい」気持ちに!

「初デートは清楚な感じで、ちょっと他人行儀なところもあったんだけど、お互いにね。2回目のデートでレストランに行ったとき、ちょっと露出のある色っぽい格好をしていました。ぶっちゃけグッときた瞬間を覚えています。

やっぱり“触りたいな”とか“手をつなぎたいな”とか、“キスしたいな”とか、それ以上まで思いましたよ。香りもいい香りがしましたね」

「俺のものにしたい」と思った……

「初デートでの“人として信用できそうだ”というのがあったからこそ、色っぽさにグッと惹かれたというのもあると思います。“俺のものにしたい”という気持ちになれました」

 

2:“呼び方”が変わった

タロウさん(25歳)の2回目デートでキュン

「彼女にしたいな」と自然に思えた!

「2回目デートから、下の名前で呼んでくれるようになりましたね。“タロウくん”って。初デートでは“山田さん”でした。待ち合わせしたカフェで最初に、“山田さん、いつまでも山田さんじゃおかしいから、タロウくんでいい?”とタメ口にもなって。

あ、俺たち、そういう関係になりつつあるんだな……と感じることができました。“これはデートなんだ”と思ったし、“彼女にしたいな”と自然に思えた」

手つなぎもキスもスムーズに…

「こっちも“ナツミちゃん”って下の名前で呼ぶようになったし、呼び方が変わると、なんかカップルみたいでいい感じでしたよ。手つなぎもキスも、スムーズにいけました」

 

3:かわいく思えてきた

ダイスケさん(28歳)の2回目デートでキュン

ぶっちゃけ初デートではタイプじゃなかった…

「ぶっちゃけ、初デートのときは“そんなにタイプではない”と思ってたんですよ。悪いけど。いい子だけど、見た目はタイプじゃない……そう思っていました。

でも2回目デートで、会って笑顔を見たときくらいからかな、“あれ? なんかかわいいじゃん”と思いはじめて」

「今日かわいいね」と言葉に出ちゃった!

「小さくて黒目がちの目とか、厚い唇とか、最初はタイプじゃなかったのに、かわいく見えてきたんですよね。一度かわいく見えると、なんか、すごくかわいく見えちゃって。

自然と“今日かわいいね”と言葉に出ちゃったんですよ。“ありがとう”と照れる姿もかわいくて。なんかノロケみたいになっちゃいましたね(笑)」

 

4:彼女っぽい振る舞い

ユウヘイさん(28歳)の2回目デートでキュン

アイスを「あ〜ん……してみる?」

「初デートは普通に友達と変わらない感じだったのですが、2回目デートはカップルっぽかった! 彼女が、“あ〜ん、してみる?”とアイスくれたり、“手、つないでみる?”と誘ってくれたり。

“〜してみる?”という形で、彼女っぽく振舞ってくれたんです。なんかお試し期間みたいな感じですが、“このまま本当に彼女になってほしいなぁ〜”と感じました」

リードしてくれる子でよかったです!

「本当はこっちから積極的にいったほうがいいのかもしれないけど、僕がシャイなので、リードしてくれる子でよかったです。そこも高ポイントでした」

 

男子が2回目デートで、「この子を本命にしたい」と思った瞬間を4つご紹介しました。結構、女子の“積極性”が功を奏したエピソードが目立ちましたね。狙っている相手がいたら、ぜひ積極的にいってみてください。