アレが多い?男子が「本命にしかできない」デート中の振る舞い3つ

相手への「好き」が強まるほど、「この人も私と同じ気持ちでいてくれているのかな?」と、ちょっぴり不安な気持ちになりますよね。恋していることが実感できるほろ苦い瞬間ですが……「実際、遊ばれたくないですからね!」とリアリストな女子もいることでしょう。そこで今回は「男子が本命にしかできないデート中の振る舞い」をご紹介します。

男子は自分でも「本命」かどうか、気づいていない?

ーー今回は男女のリアルな恋愛を描く小説家で漫画原作者でもある小川沙耶さんにお話をうかがいます。沙耶さん、よろしくお願いします。

沙耶:よろしくお願いします。

ーー男子が「本命にしかできない」デート中の振る舞い……が今回のテーマです。やはり、本命と遊びの女では、デートでの振る舞いも変わってくるのですかね?

沙耶:うーん……。そもそも男子って、相手が本命かどうか、最初は自分自身も気づいていないことがありますからねぇ。

ーー自分自身でも気づいていない?

沙耶:そうじゃないですか? なんとなく可愛いとかタイプと思ったから誘っているだけで。最初から「彼女にしたい!」と強い気持ちでいる人は稀(まれ)なんじゃないかと。

ーー確かにそうかもしれない。

沙耶:「本命」の定義がなにかにもよりますけどねぇ……。

ーー今回は「男子が好きだと気づいてから」、デートでどういう振る舞いをしがちかを語っていただければと!

沙耶:わかりました。よろしくお願いします。

 

1:質問が多くなる

沙耶:「本命だと思っている」ということは、「先を考える」ということです。遊びの相手だったら、よくて「エッチする」ことしか考えていません。

ーー確かに。

沙耶:なので、遊びの相手の場合はエッチへ誘導するようなセリフしか言わないんですよね。愚痴を聞き出したり、いままでの悪い男遊びを聞いたり。どちらかというと、“悪い子”であることを期待する。

ーー遊びの女とは、悪い遊びを一緒にしたいわけだ。

沙耶:そうです。でも、「本命」にしたいのは悪い子ではなく、良い子。だから、「この子は良い子かな?」と確かめるような質問、本当の相手を知る質問をします。

ーー先を考えているから。

沙耶:そうです。休日はどんなことをするのが好きかとか、趣味はなにかとか、家族とはどんな付き合いかとか。真面目だけど、女子からすると、ちょっと面白くないトピックでもあります。

ーー遊び狙いの悪い男子の“悪い質問”のほうが、女子にとって面白い?

沙耶:楽しい気分にはなりますよね。どうしても。愚痴を言ったり、悪いことを白状したりするほうが。だから女子は、悪い男子にだまされやすい。

ーーなかなか深いですね。

沙耶:ここに恋のドラマが生まれやすいんですけどね。

 

2:束縛したがる

沙耶:いろいろ知りたがったあげく、「女子が束縛を感じるような質問」をしてくることもあります。これも「本命」と思っているとき、ならでは。

ーー話も面白くないし、束縛がウザいようでは、いまいちな男じゃないですか?

沙耶:そうです。だから恋は「惚れたほうが負け」と言うんですね。

ーーどんな風に束縛したがるんですか?

沙耶:「水曜、友達と飲みに行くんだ」と話すと、「どこの友達?」「どこで飲むの?」など、くわしく聞きたがる。まず、その友達が男か女か知りたいし、たとえ女友達でも、「合コンじゃないか」「ナンパされるような場所じゃないか」と不安になるのです。

ーーそんな風になる男子もいそうですが、ならない男子も多いのでは?

沙耶:いえ、「この子は本命」というくらい「好き」が強くなると、このくらいの状態にはみんななります。でも、女子側も「同じくらい好き」だと、ちょっとの束縛はうれしく感じるのです。「好きじゃないと束縛なんかしない」って、女子もわかるので。

ーーそれを嫌だと感じる場合は、女子側が「本命」だと思っていないと?

沙耶:そういうことですね。お互いの「好き」が同じくらい盛り上がっていかないと、なかなか恋はうまくいきません。

 

3:なかなか告白しない

沙耶:本命相手だと、なかなか告白しない・告白できない……という特徴もありますね。

ーー好きすぎて、すぐ告白!というパターンも聞きますけどね。

沙耶:パターンにもよると思いますけど、相手のことをまだそんなに知らないうちに「好きっ」って、本気じゃないと思うんですよ。私は。

ーーなるほど。

沙耶:見た目はすごく好きだったのかもしれないですけどね。付き合って相手のことをもっとよく知ってからじゃないですか? 本気で好きになっていくのは。そうすると、付き合ってるけど「自分が出せない」とかね。なにか出てくると思いますよ。そのパターンでも。

ーー本命だと「告白できない」「自分が出せない」というのは、嫌われたくないからなのでしょうか?

沙耶:そうですね。「好き」が重くなるんですよね。自分でも知らなかったくらい、本気になると、「重い言葉なんだな……」ということがわかってくる。伝えようと思っても、伝えられないんですよ。言葉では。

ーー本気だからこそ、伝えられない?

沙耶:そうそう。例えば、本気で好きだと、デートに誘うのもなんか難しい。重いんですよね。自分の思いが。

ーーそうなってしまうと恋の成就は難しい?

沙耶:でも、お互いが好き同士だと、なんだかんだ一緒にいる。まわりから見たら、「あの人たち本気だよねー!」と恋してるのバレバレなのに、本人たちだけ、いつも不安な気持ちでいる。

ーーあー、いるわ! そういうカップル!

沙耶:側(はた)からみると完全に好き同士なんですけどね。

 

男子が本命にしかできないデート中の振る舞いを教えてもらいました。なんとも複雑な男女の恋心がわかっちゃったような感覚になれましたね。「久しぶりに恋したいな!」と思っていただけたら幸いです。

 

【取材協力】

小川沙耶(おがわさや)・・・小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。著作に『女性社員から「きもい」と言われない働き方』ほか、多数。漫画の原作も手掛けている。