マザコンなのかな?彼氏が「過保護」にされすぎで引いた瞬間3つ

「男の人はいくつになってもマザコンが多い」と言います。でも、そうさせているのは実は母親の方かもしれない……と考えたことってありませんか? 筆者の友人の女性は、彼に対する過保護すぎる母親の態度にドン引きしたことがあるそうです。一体どんなことをされていたのでしょうか? 複数の女性に体験談を語ってもらいました。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:雨の日の朝「傘持ってね」LINE

「彼の家に初めてお泊りして、月曜の朝に一緒に家を出て会社に行こうとしてたんです。ちょうどその日は雨で。そしたら、彼が着替えをしている途中でLINEがお母さんから届いたらしく、“どうかしたの?”って聞いたら、“いや、今日は雨だから傘持ってね、だって”って」(Fさん/28歳)

--小学生の男の子ですか!?

「そうなんですよー。しかも彼は、そのことについて特に不思議に感じていなかったらしいんです。まぁ、毎回ずっと連絡が来ていたら、そういうモノだと思うのかな?」

--いやいや、どこかで「もう子供じゃないんだから」って思うでしょ!

「やっぱりそうですかね? 私もそう思ったんで、彼に“その年になってまでお母さんから傘の連絡来るなんて、ちょっと変だよ”って言ったんです。でも彼は“まぁ、別に心配させときゃいいんじゃない”だって」

あらあら。過保護なのも問題ですが、放っておく彼にも、少し問題がありそうです。

 

2:台風の日に「大丈夫?」と電話

「彼と週末デートをしていたら台風が上陸しちゃって。雨風がすごくて、ランチを食べたお店から出られずにいたんです。その時、彼ママから電話がかかってきて“大丈夫?”って心配されてたみたいで」(Yさん/29歳)

--まぁ、ニュースになるほどの台風とかだと、心配くらいはしますかね。

「そうですよねぇ。ただ、特にニュースで危ないとか言われている地域でもなかったし、“実は台風とか雷のたびに電話かかってくる”って聞いて、それはちょっと過保護すぎるだろうって」

--あぁ、毎回はやりすぎですね。

「はい。子どものころから、彼が大雨とか雷とかを怖がる性格だったせいだそうなんですけど。もう大人なんだから、親離れして欲しいです」

確かに、台風とかのときにひとりで家にいると、風などの音もコワいから、母親が「うちの息子、大丈夫かな?」と、心配になってしまう気持ちはわからなくもありませんが……。

「愛され女子のお家デート術」マンネリ化を防ぐ必殺ポイントとは?(sponsored)

 

3:母親が泊り込みで看病

「私が引いちゃったのは、彼が風邪で寝込んだときですね。彼ママが看病するのはいいんですけど、それが泊り込みなんですよ!」(Nさん/26歳)

--酷い風邪だったんですか?

「うーん、まぁ熱は39度近くまで上がって、咳が止まらない感じだったから、ひどいって言えばひどいのかもしれないですけど……。泊り込みで看病するほどじゃなかったですね」

--Nさんは看病に行けずですか?

「いや、心配だったので寝込んでるって聞いた日に、食材とか飲み物とか買って家に行ったんです。そしたら彼ママと鉢合わせしちゃって。“私が面倒見るから大丈夫よ。色々ありがとうね”って、体よく追い払われちゃった感じでした」

これは結婚などすると面倒になりそうな彼ママですね。うまくやっていくためには、しっかりと彼ママ対策が必要そうです。

 

さて、あなたの彼はすごく過保護な環境で育ったり、今でも過保護にされていたりしませんか?

親子の仲がいいのはいいことですが、度を超しているのはちょっと……。本人が気付いていないこともあるので、そういうときには優しく「ちょっと変かもよ?」と教えてあげましょう。