ここは戦争中の日本!? 【結婚相談所「男性会員」の実態~その3~】

「フツウの人でいいのに、そのフツウの人がいないのよ」 お見合い経験のある女性から、こんな言葉を聞いたことがあります。 その時はごく単純に『良い男性がいない』という意味だと思っていました。 ~その1~オトコの趣味が合わない…

「フツウの人でいいのに、そのフツウの人がいないのよ」

お見合い経験のある女性から、こんな言葉を聞いたことがあります。

その時はごく単純に『良い男性がいない』という意味だと思っていました。

~その1~オトコの趣味が合わない女友達とも意気投合?してしまう、ここは不思議な世界で「結婚相談所とはパラドックスな世界であり、パラレルワールドかも知れない」とご紹介しましたが、これは相談所のHPを覗いていると、船酔いしたような不思議な感覚に陥る点から記述させて頂きました。

 

何故そうなるのか分析した結果。

ある特定の階層の男性だけごっそり抜け落ちていることに気付いたのです。

 

我々のいる、このリアルな世界では、日常様々な男性とすれ違ったり話をする機会があると思います。

コンビニの店員、携帯会社のカウンター、郵便局や役所の受付、駅員、職場の同僚・・・etc。

そのどこにでもいる、良くも悪くもごく普通の男性たちが、非常に(ゼロではないですが)少ないのです。

分布図がもしあれば、中間層がごっそり抜け落ちた図になると思います。

例えが適当でないかも知れませんが、戦争中の日本は特定の年齢層の男性が極端に少なく、偏った環境でしたよね?

 

そういう特殊な世界を覗いている感覚が、強烈な船酔いの様な違和感、はたまた宇宙船で出掛けたもう1つの国、パラレルワールドと比喩した由縁です。

 

という事で、結婚相談所に良い男性がいないという訳ではありませんので、ご安心を。

 

男性の分布がリアル社会とはやや違う、あるゾーンだけ抜け落ちた世界観、そう思っていれば、これから初めて結婚相談所の門を叩く人もすんなり戸惑うことなく、お見合いが成功するのではないでしょうか。

 

「フツウの人でいいのに、フツウの人がいない」

 

この冒頭のセリフの意味はこう結論付けてみましたが、婚活中の皆さんもお一人お一人違ったご意見があると思います。

読者の皆様は、どんな答えを導き出しましたか?