パッと見ダチョウ倶楽部の竜ちゃん。だけど心は玉木宏or小栗旬な「脳内イケメン」に気をつけろ!

この世の中、鏡はそこら中にあり毎日見ていますし、写真を撮る機会も多いので、“自分のビジュアル”が世間一般でだいたいどのくらいのポジションについているか、否が応でも認識させられています。 また、そのビジュアルポジションにふ…

この世の中、鏡はそこら中にあり毎日見ていますし、写真を撮る機会も多いので、“自分のビジュアル”が世間一般でだいたいどのくらいのポジションについているか、否が応でも認識させられています。

また、そのビジュアルポジションにふさわしいキャラクター像を、意識的、または本能的に男女問わず演じていたりするものです。

みなさんは本心とは裏腹に、わざと情けない3枚目キャラを演じたりした経験はありませんか?

なぜそんなことをするかというと、それが人とコミュニケーションをとるうえで、とても便利なことを経験として学んでいるから。

 

ところがこのことをぜーんぜん学んでいない人が稀に存在します。

見た目が3枚目だからといって、心まで3枚目ではない人がいるんですよね。最初は見た目のイメージに引っ張られ、いかにも3枚目の男性として会話をしようとすると、これがどうもうまくいかないんです。相手のプライドを傷つけてしまい、ぎくしゃくした空気が支配し……。

最初、「私の何がいけないんだろう」と悩んだりしたものでしたが、あるときふと、「そうか、この人は見た目はイケメンじゃないけど、心はイケメンなんだ!」と気づいてからは、とてもスムーズに関係を築けるようになりました。そしてそういう男性と出会うたび、心の中でこう囁くように。「……脳内イケメン発見」と。

 

つまり見た目はダチョウ倶楽部の竜ちゃんぐらいコミカルでも、メンタリティが玉木宏や小栗旬っていう男の人がこの世の中けっこう存在します。

竜ちゃんのように接しては、カレの心の中の玉木宏と小栗旬が悲しみます。あくまでも玉木宏や小栗旬と会話していると自分の心をだまし、チヤホヤと接するようにしてください。

 

さてさて、そんな『脳内イケメン』に気づくまでには、かなり時間がかかります。

ですが私の経験上、『脳内イケメン』がよくする会話パターンを発見しましたので、コミカルなビジュアルの男性が以下のような会話をしたなら、「ひょっとして脳内イケメン?」と疑ってみてください。(そして玉木宏もしくは小栗旬と会話していると自己暗示をかけて接するようにしてみてください)

 

☆脳内イケメン会話例・その1

「おまえさー、○○したほうが似合うよ」

女の人に対し、明らかに上から目線でアドバイスをしてきます。ファッションや体型など、美に対しても容赦なく突っ込んできます。

対処法↓

玉木宏や小栗旬に上から目線でアドバイスされたら、従おうと思いますよね。M心のある子なら、喜びですらあります。がんばれ!

 

☆脳内イケメン会話例・その2

「いくつに見える?」

これ、本当に困った会話ですよね。自分に関心があること前提の会話なわけですから。

しかも「オレ、若く見えるだろ」っていう強制力も働くわけで、けっこうしんどい精神状態に追い詰められます。

対処法↓

これも同じくめちゃめちゃイケメンに言われたと思えば、この自分クイズにつきあう気になれます。

相手がのぞむ年齢を「オレいくつに見える?」三十路を超えて自分クイズしてくる男の自己認識年齢は、「実年齢-○才」!を参考に、好奇心むきだしに答えてあげてください。

 

☆脳内イケメン会話例・その3

「最近のアイドルわかんないわー。興味なくって」

聞かれてもないのに「AKBのメンバー誰ひとりわかんねーわ」などと発したら要注意。

“知らないということを誇ってくる人”は男女問わずそれだけで面倒くさいわけですが、さらにこれが“アイドルや女優などに興味がないオレ”をアピールすることで、人よりも一段上の男をアピールしたいわけですね。これは脳内イケメンの典型的な症例です。

対処法↓

間違っても「○○君、アイドル詳しそうなのに~」

などと挑発してはいけません。相手を傷つけるだけ。ここはぐっとこらえ、「アイドルとか興味なさそうだもんね~」と流してあげてください。だって確かに玉木宏や小栗旬なら、AKBメンバーの名前知らなそうじゃないですか?

 

☆脳内イケメン会話例・その4

「女って面倒くさくね?」「カノジョ、うーん、いらないわ」

カノジョがいない理由を、女にモテないからではなく、面倒くさいからだと周囲に言い放つ……。

これは完全に『脳内イケメン』です。ある程度自分のビジュアルポジションを理解していれば、たとえ本当に女が面倒くさいと思っていても、なかなか口に出せるものではありません。

対処法↓

「いらないんじゃなくってできないんでしょ(笑)」

などとは、死んでも口にしてはいけません。彼らはとても繊細なので、たとえこちらは冗談のつもりでも、3枚目扱いをすると本当に傷ついてしまいます。ここは自分の想像力を豊かにする訓練をしていると思ってください。目の前にいるのは玉木宏、小栗旬です。さぁなんと答えますか? 「モテるからそんなこと言ってられるんだよー」などと、モテること前提で彼らの心の中の玉木宏と小栗旬に語りかけてみてください。

 

……と、ずいぶん『脳内イケメン』をディスってしまいましたが、「こんな男なんて最悪だ」というわけではないんです。

接し方さえ気をつければ、『脳内イケメン』はとても紳士的ですし、ポジティブな思考回路なので、『卑屈君』といるよりはるかに楽しい気持ちになれます。

そして自分を愛することのできる人はとても魅力的にうつりますし、そんな心のイケメンっぷりが、その人の自信となり、堂々と見えたりして、意外にモテたりもするんですよね。

 

また『脳内イケメン』の女性版・『脳内美女』(見た目は山田花子、でも心は柴崎コウ)という生物も存在します。(『脳内美女』についても、またDangdep!の中でご紹介したいと思います)

この『脳内美女』も振り切れれば案外モテたりしますし、せめて心の中だけでも『イケメン』や『美女』でいるというのも、実はいいことなのかもしれませんね。